20代薬剤師転職は不利?年収アップ法や失敗しない転職法を大公開!

20代薬剤師転職は不利?年収アップ法や失敗しない転職法を大公開!

薬剤師は看護師同様、医療系の現場を担う職種で人手不足の傾向にありますので、やり方を間違えなければ今よりも良い環境への職場へ転職が可能です。

薬剤師が転職をするときに気を付けるべきこと、おすすめエージェントなとについてまとめましたので、読み進めてぜひ新しい職場への転職を成功させる一助としてください。

20代の薬剤師が転職したいと思う理由7つ

国家資格である薬剤師のお仕事は、直接人と接して患者さんの健康に貢献できているというやりがいが見いだせる職業に見えますが、職場環境に悩んで転職したいと思う人もたくさんいます。

ここでは、薬剤師が転職したいと思う代表的な理由を7つまとめました。

①狭い職場で人間関係が複雑

薬剤師が働く職場は主に薬局になるのが普通ですが、狭い空間でずっと一緒に同僚と働いていると、人間関係がぎくしゃくしがちです。

そして、大きな病院の薬局だとその中で派閥ができてしまい、ヒエラルキーの中で苦しい思いをしなければならないこともあります。

そして、普通の企業と違って異動などはほぼなく、ずっと決められた狭い空間で働かなければなりません。

大きな病院に限らず、薬剤師は何かとストレスが多い職場で、お給料面が良かったとしても精神的に耐えられなくなってしまう人もいるのです。

②仕事がハードで精神的に限界がきた

薬剤師は患者さんの健康を預かる仕事でもあります。そのため、病院の臨時診療に合わせて調剤のオファーが来ることもあるのです。

そのようなことになると、せっかくの休日とプライベートがなくなってしまい、ストレスに感じることもあります。

そのため、薬剤師は仕事とプライベートの区別が付けづらい職業で疲れやストレスを上手に取る機会を失いやすい職業でもあります。

そのような臨機応変で多忙なシフトにストレスを感じて、転職を希望する薬剤師も多いのが現状なのです。

③体力的にも限界がくる

ハードな仕事で精神的に限界がきたら、体力面にも問題が出てくる人もいます。

薬剤師はもともとお休みを取りづらい職業なので、疲れが取れずに職場を変えたいと思う人もいるのです。

患者さんは予定通りに現れるわけではなく、毎日、来る人数にばらつきがあり、急患があればすぐに対応しなければならないなど、休みも取れても中途半端になってしまうことも。

そうなると、緊張状態が続いて疲れもたまり、鬱病のようになってしまい心も体もつらく感じるという人も中にはいます。

④お給料面で不満がある

薬剤師は臨機応変な対応が求められて、患者さんに合わせて仕事をするためいつの間にか仕事漬けになり、休みが取れなかったということもよくあります。

そのため、薬剤師は安定した職として多くの人に人気な職である一方で、多忙を極める割りにお給料があまりもらえないと感じる人もいるようです。

自分のお仕事量に見合ったお給料をもらえるように、転職活動をして新しい職場に行きたいと考える人も多いのが薬剤師という職業なのです。

薬剤師は看護師同様、需要に供給が間に合ってない状態なので、転職は比較的しやすくハードな職場が多いことから、転職を考える人は多いのです。

⑤やりがいが感じられない

薬剤師は国家資格を取得するため、19歳から大学に入った場合、6年掛かるので、25歳になって初めて新卒で就職することにないります。

薬剤師は直接人の役に立っているという思いを感じられ、長年勉強をしてきた職業なので、新卒で入社したときはやる気にあふれて患者さんの役に立とうと思っているものです。

しかし、入社してみても人間関係の悩みや、尊敬できる上司がいなかったり、患者さんとのやりとりに疑問を感じたりなど、やりがいが感じられなくなったという人もいます。

⑥スキルアップが望めない

入社したときは、とにかく頑張って働こうという思いがありますが、しばらくすると教育システムに不足があって、自分では納得できないと思う人もいるようです。

入社したときはがむしゃらですが、ある程度働いてみると、将来のために自分の能力を延ばしたいと考える人もいるようで、現状では満足できない人もいるのです。

公務員などになれば、福利厚生も良いですし、自分でスキルアップをしながら転職活動を行う人もいます。

薬剤師は20代の場合、引く手あまたな部分もありますので、よく考えて転職すれば自分の納得いくキャリアを目指せるのです。

⑦副業ができない

社則で副業を禁止しているというところもあります。副業が禁止されているので、お給料が足りないと思っても我慢しなければならないスキルアップが望めないという人もいます。

そのような人はいっそのことこの2つの問題を解決しようと、年収アップとスキルアップを目指して転職する人もいるのです。

副業というと、お給料の足しにするというイメージもありますが、スキルアップを図りたくて副業をしたいと思う薬剤師もいるのです。

それが禁止されていると、転職活動をして問題を解決したいと思う人もいます。

転職前に要チェック!20代薬剤師の平均年収は?

薬剤師が転職を希望する大きな理由は、職場環境や年収に対する不満などが挙げられるのは事実です。

転職前に20代の薬剤師の平均年収を知っておくことで自分の立ち位置を理解しましょう。

時給は約1500円前後

20代薬剤師は、時給にするとだいたい1,500円前後のお給料になります。しかし、同じ職場で継続して働くと、50代になったときに時給が約2500円になります。

昇級がある職場だと、長く働いたほうが得だということもあるのです。薬剤師の平均お給料以外にも、自分の職場の給与形態なども確認しておくと良いでしょう。

年収平均は370万円代

厚生労働省が平成26年に出した賃金構造基本統計調査によると、20代前半の薬剤師平均年収は男性で298万円、女性で321万円となっています。

そして、この統計によると、20代全体の平均年収は375万円となっています。転職前にこの数字を覚えておきましょう。

この数字よりも年収が極端に低いということであれば、転職することは必要となります。しかし、この数字とだいたい同じ年収だった場合、転職は再考すべきでしょう。

20代でまだ働き始めたばかりなので、これらの数字を参考にして勤続するか、転職するかを検討しましょう。

20代薬剤師の転職は有利に進められる!

20代の薬剤師は、まだまだ若くて気力もあり、柔軟性もあるので潜在的な能力を買われて転職が成功する可能性も高いです。

具体的にどのようなところを買われて転職が成功するのか、4つのポイントをまとめました。

社会人としてのマナーがつかめている

20代で転職をするとなると、当然、前職があるということになります。前職で納得がいかない部分があったので、転職するに至るのですから、当たり前のことです。

20代で転職するということは、前職である程度、社会人としてのマナーや振る舞いができるようになっているということになります。

ですから、真っ白な状態から教育するということはしなくても良いので、その即戦力という部分を買われて転職が成功するということもあります。

ある程度、社会人の常識があると見なされているので、その部分を高く買われるのです。

まだ若くて柔軟性がある

社会人としてまだいろいろなやり方に染まっておらず、ある程度、実務経験もある20代の薬剤師は、転職でもそこの部分を買われて、そして内定に至ることもあります。

一から教育しなくてもある程度、実務経験があり、仕事の知識もあり、そしてまだ若いので新しい現場でのやり方にも順応しやすいというところを買ってもらえるというわけです。

人手不足で忙しい職場なので、たくさん働ける元気な若者はかなり重宝され、さらには教育の手間が省けるという部分も20代薬剤師転職では魅力となります。

第二新卒と扱われる年齢が高めに設定されている

薬剤師は6年間の学びが必要なので、新卒で就職したとしても25歳が限界となります。そのため、もともと普通の新卒が23歳ですが、薬剤師の新卒はそれよりも遅い設定なのです。

そのため、募集する企業や薬局で、薬剤師の新卒の定義はまちまちで、一般的に新卒、第二新卒と言われている年齢よりも高く設定されていることも多いのです。

そのため、たくさんの薬局が20代後半の薬剤師でも、第二新卒や新卒と同等に扱ってくれ、転職がほかの業種よりもしやすいというメリットもあります。

20代薬剤師は不足している

薬剤師は、冒頭でも説明したとおり、人間関係が難しい職種です。そのため、たくさんの人が転職をしたいと考えています。

そして、薬剤師はとても不足しているので、欲しいと思って採用を掛けている病院や薬局、ドラッグストアなどはたくさんあるのです。

そのため、薬剤師も売り手市場で転職がしやすいという部分があります。だからこそ、人の入れ替わりが激しくなり、現場は慢性人手不足となっているのです。

まだ若くて柔軟性のある適応力にあふれた20代薬剤師は、そのような場面でとても求められている人材なのです。

20代の薬剤師転職は危険?注意すべき点を3つ紹介!

薬剤師の場合は大学卒業に6年かかるため、20代という年齢ではまだひとつの職場しか体験していない方がほとんどでしょう。

そのため、比較対象がなかったり職場自体に対してあまり理解深まっていないかもしれません。それらを踏まえ、転職する前に気を付けるべきことを3つまとめました。

①隣りの芝生は青いだけかもしれない

20代後半まで大学で過ごし勉強してきた薬剤師は、まだ社会経験が浅いうちに転職するということも考えられます。

だからこそ、隣の芝生は青いという状態に陥っていたり、青い鳥症候群になり新しい職場を求めてしまうという人も中には存在するのです。

そうなってしまっては、何度も職歴を重ねて、何をやっても長続きしないという人になってしまうことでしょう。

ですから、今の自分が置かれた状態の部分に、ありがたい場所や改善点で変わる部分がないか、念入りに検討してください。

②人間関係で悩んでいるならまずは上司に相談を

人間関係に悩んでいるという場合は、上司や同じ職場で相談できる人に相談をしてみましょう。

人間関係が嫌だからといって、すぐに何も言わずに転職してしまうと、また同じことの繰り返しとなってしまいます。

そうならないように、人間関係に悩んでいるのであれば、まず、自分で改善できる点を探して上司に報告しましょう。

人間関係に限らず、せっかく国家資格を取得して就職をしているのだから、転職をしないで勤続するという選択もしっかり頭に入れておくべきなのです。

③元の職場に戻る可能性もあるので円満退社をするべし!

もうこの職場は嫌だから、転職するんだ。だから、もうこの人たちは関係ないんだという態度で転職することは、マナー上もよくありませんが、もう1つ盲点があります。

それは、あなたが元いた職場に戻って働くこともあるということです。転職した先が倒産してしまったり、どうしても自分に合わなかった場合は、このようなこともあり得ます。

そうなったときに、転職前、同じ薬局の人たちに嫌な態度を取っていたら、元いた職場に戻っても苦しい現実が待っていることを忘れないでください。

公務員薬剤師になるなら転職は20代がタイムリミット

公務員薬剤師になる場合は、年齢制限があるので20代のうちになんとしても転職活動をしなければなりません。

公務員薬剤師は職業が安定しており、福利厚生なども魅力的なので年収アップ以外にもメリットがたくさんあります。

30代では受験できない

国家公務員の筆記テストを受けるのが30歳未満とされているので、公務員の薬剤師になりたいと思うのであれば、早めに転職活動をするべきです。

働きながら、公務員試験の勉強をしたり、公務員といっても自分がどのような職種の公務員薬剤師になりたいかと思うことを明確にしておきましょう。

20代で転職をするとなると、石の上にも三年という言葉があるように少し、早過ぎるのではないかという思いがあるかと思いますが、早いほうが良いこともあるのです。

やりがいがある

国の大切なお仕事を担う公務員は、やりがいが大きい仕事内容となります。毎日が勉強の日々ですが、情報収集力が強まって、自分が高められていくのを感じることでしょう。

職種によっては外国語を読んで対応しなければならないので、語学力も付きます。そのため、向上心とやりがいを感じ続けてお仕事ができます。

交渉力やコミュニケーション力なども付いて、たくさんの高度なお仕事をこなすことができるので、自分にも自信が付いていくことでしょう。

年収は低くても福利厚生が手厚い

目先の年収だけを見て転職するのであれば、公務員の薬剤師は向いていません。公務員の魅力は、やりがいと福利厚生の部分です。

ドラッグストアや薬局の初任給よりも、公務員薬剤師の初任給は約20万円と安めになっています。

もちろん、年功序列システムがあるのでしっかり勤続していれば昇進や昇級のチャンスも用意されています。

長く勤める覚悟があれば、後々、30代で30万円代、50代で50万円代と少しずつ金額が上がってきます。

公務員は安定した職で、充実した福利厚生ややりがいを求めている人におすすめできる職なのです。

薬剤師として高収入転職するおすすめの働き方5選

薬剤師は仕事のわりにお給料が低めで割に合わないと感じている人も多いのが現状です。しかし、転職して働き方を変えれば年収を上げることも可能です。

近年では薬剤師の働き方も多様化してきていますので、年収アップが見込める働き方について5つまとめました。

①在宅医療で実績を積めば年収が上がる可能性も

高齢化社会と言われて久しい日本なので、最近の日本の在宅医療には医師以外にも、薬剤師が関わるようになりました。

高齢化社会で、今後、在宅の患者さんたちにお薬の用法や副作用の説明をする地域に密着した在宅薬剤師の人たちはかなり多く需要が見込めます。

さらには、今のお給料に満足していないようだったら、在宅薬剤師として実績を積んでいけば認められて、お給料が高くなるかもしれません。

そのため、やりがいがあって、かつ、少し未来を見据えたキャリアとして在宅薬剤師を選ぶというのもおすすめの選択です。

②ダブルワークで稼ぐこともおすすめ

副業が禁止されていないのであれば、薬剤師という国家資格を生かして自分のやってみたい種類の職種に副業ダブルワークをしてみるのも良い選択です。

副業が禁止の職場でこのようなことをしてしまうと、もしかすると、契約を解除されてしまうこともあるかもしれません。

しかし、副業禁止ではないのであれば、病院の非常勤や自分が行ってみたいと思う現場の薬剤師として副業をしてみるのも良いでしょう。

転職は少し敷居が高いなと思う人におすすめの方法です。

③ドラッグストア転職で高収入を実現

ドラッグストアの年収はほかの薬局に比べて高めに設定されている傾向がありますので、お給料面の不満が一番の問題であるという場合は、ドラッグストアがおすすめです。

年収が転職時に600~650万円になることもあり、翌年はもっとアップして700万円前後になることもあります。

以前は仕事が忙しく、かなりハードな現場だというイメージを持たれていたドラッグストアですが、経営が安定しているので、失職するということは考えづらいでしょう。

そして、大きなところだと新卒採用をたくさんしているので、人材が多く、仕事もハードさを感じない職場も増えてきています。

④国立病院は勤続年数に応じて年収アップ

国立病院は公務員薬剤師として働くことになりますので、年功序列システムにより勤続年数が上がれば、お給料も上がっていきます。

公立病院は、人間関係が難しいと感じ転職してしまう人も多い職場ではありますが、スキルアップなどのためにもう転職の予定がない人にはおすすめの環境です。

病院に併設されている薬局なので、治療に取り組む患者さんの姿に励まされながら仕事を続けている人もいます。

公務員薬剤師なので、20代のうちに決断して動かないと30歳で公務員になる資格を失いますので、早めの決断が必要です。

⑤スキルアップして年収アップ

年収を上げたいと思うのであれば、スキルアップをして転職活動をすることもおすすめです。

6年間の過程を終えて、その後、薬剤師の国家資格に合格すると、薬剤師になれます。そこで薬剤師の試験は終わりで、普通の薬剤師にはなれるのです。

しかし、6年間の過程を終えてもまだまだスキルアップの可能性はあります。最近は医療ニーズの細分化や高度化が進んでいるので薬剤師にも得意分野や専門性が求められるのです。

例えば、がん専門薬剤師や緩和薬物療法認定薬剤師などの資格を取れば、高収入な転職につながる可能性が高くなります。

転職エージェントを利用する前にすべき5つのこと

転職を決意したら、転職エージェントで転職活動を行う人も多いことでしょう。転職エージェントはプロなので、あなたの悩みなどを聞き出し適職を紹介してくれます。

転職エージェントを利用する前、事前にあなたがしておいたほうが良いことを5つまとめました。

①自分がなぜ転職したいのかを明確に

転職活動は1人で履歴書を送り続けるのも、もちろん良いですが、それだと非効率な部分があります。

そのため、効率的に転職活動を行うためにはエージェント会社を使うのも良い選択です。しかし、自分が何で転職をしたいのかということを事前に明確にしておいてください。

転職エージェントは、プロなのであなたの意思をくみ取って適職を紹介してくれるますが、事前にポイントをまとめておいてください。

そのほうが、転職エージェントはよりあなたの希望にそった案件を選んできやすくなります。

②どのくらいの年収を求めるか見当を付ける

年収の希望もしっかり決めておいたほうが良いでしょう。これも、事前に検討を付けて、エージェントに伝えられるようになりましょう。

年収がアップすれば、それだけいろいろな希望が持てますし、精神的にも余裕ができます。昇給や役職は付くのかなど、しっかり質問できるようにしておきましょう。

エージェントも営業トークをしてくる人もいます。そのため、自分に合った仕事に出会うため、なるべく事前に自分の希望を明確にしておくことが必要なのです。

③希望勤務地を明確にしておく

勤務地をしっかり明確にしておくことも必要です。通勤はストレスになりますし、疲れをなるべくためないように、通勤にも気を遣ってください。

そのため、このくらいの通勤時間が良い、エリアはここが良いとしっかり伝えられるようにしておいてください。

通勤時間やエリアの希望も明確にしておくと、エージェントも仕事をあっせんする上でとても助かり、スムーズに事が運びます。

通勤疲れはじわじわとたまっていくものなので、転職後にしっかり働けるようにも、通勤エリアは明確にしておきましょう。

④現職でしていたことを明確に

現職で自分が担っていた役割を上手にエージェントに伝えられるようにしておいてください。

20代の薬剤師転職で有利な点は、転職者が実務経験を持っているという点です。そのため、あなたにぴったりな仕事をあっせんしてもらえるように、その点を明確にしてください。

エージェントはいろいろな案件を保持していますが、その中からあなたにぴったりな仕事をあっせんしてもらうためには、いかに具体性を持った情報を渡してあげるかです。

あなたにマッチした仕事をあっせんしてもらうためにも、自分棚卸しをおろそかにした状態でエージェントを利用しないでください。

⑤転職エージェントの弱み強みを理解する

薬剤師で転職したいと思う方は、働きながら転職する方も多いかと思います。自分で転職活動をするより、エージェントにお願いしたほうが効率的に転職活動ができるでしょう。

案件保有数が業界屈指である、特定のエリアに強いなど転職エージェントによってさまざまな強みがあります。

そのため、事前に自分の転職に対する要望を明確にし、転職エージェントの特色を理解し、転職活動をすることにより、理想的な転職先が見つかりやすくなるのです。

20代で職歴を重ねる前に転職エージェント活用を!

薬剤師という免許は心強いものですが、20代で転職歴が多いとこの人はうちで継続して働いてくれるのかと怪しまれて、採用に結び付かないこともあります。

個人での転職活動も良いですが、転職エージェントやサイトを使って効率良く転職活動をし、自分の適職を見極めることもおすすめです。

薬剤師求人.com

2006年に創業した株式会社フォーチュンにより運営されている薬剤師求人.com。薬剤師求人.comは、全国をカバーしているため、8万件を超える求人数を保有しています。

働く場所もかなりバリエーションに富んでいて、ドラッグストアや調剤薬局までそろっていて、雇用形態も派遣から契約社員、正社員までいろいろな形態を選べマス。

しかも薬剤師求人.comはほかの人材紹介会社30社と提携していますので、万が一、薬剤師求人.comの求人が嫌だった場合は最大3社まで提携会社を紹介してもらえます。

そして、紹介された人材紹介会社のエージェントが自分と合わなかった場合は、薬剤師求人.comに知らせれば代理で交換の連絡を送ってくれるので、安心して利用できます。

薬キャリ

東証一部上場は、薬剤師に特化した転職サイトです。東証一部上場企業のエムスリーグループが運営しており、病院転職以外の転職に強い部分も魅力的です。

電話連絡への対応がとても早いので、時間の融通が利かずに忙しく働いている人には、ありがたいエージェントであるといえます。

登録も5分で済みますし、利用料が完全無料です。登録が済んだらエージェントから電話連絡と、登録完了のメールが届きます。

リクナビ薬剤師

リクナビというブランド力から、他サイトに比べて大手企業や全国展開をしているドラッグストアなどの求人が豊富に掲載されています。

今のお給料面に不満があり、転職したいと思っている人ならば、ドラッグストア転職の機会が豊富なリクナビ薬剤師には登録するべきでしょう。

この転職エージェントには、高収入な案件が豊富にありカウンセリングも本音で接してくれる頼れるエージェントがいます。

場合によっては、転職を思いとどまるようにアドバイスしてくれることもあるので、信頼できる対応をしてくれるといえるでしょう。

メドフィット薬剤師

メドフィットは、医療系人材に強い転職エージェントです。しかし、このランキングに載っているのにもかかわらず、意外にも薬剤師の求人が少ないのです。

それでも、薬剤師転職では利用され続けているサイトなのには、就業しながら転職活動をすることができるからだといえます。

そして、エージェントは医療系の分野に精通していますので、あなたの薬剤師としての希望も、しっかりとくみ取っておすすめの案件を紹介してくれます。

そのため、メドフィットは薬剤師求人が少なくても、エージェントの質の高さと時間に融通が利くという部分で、薬剤師の利用者が絶えないのです。

メディプラ薬剤師転職

メディプラ薬剤師転職は、メディカルプラネットという会社が運営している薬剤師に特化した転職サービスです。

転職エージェントは、5年以上の実績がある人が担当に付いてくれるので、あなたの希望に添った案件を経験に基づいて提案してくれます。

そして、就業形態もさまざまで、正社員からパートや派遣まで、さまざまな選択肢を提示してくれるところも魅力です。

医療系に精通したエージェントと、幅広い転職先から転職先を選択したいと思う人にはおすすめです。

メディカルプラン

2012年に設立された新しい薬剤師転職サービスであるメディカルプラン。メディプラは、薬剤師に特化していますので、薬剤師転職にはとてもおすすめのサービスです。

厚生労働省から行政のお墨付きである優良派遣事業者の認定を受けているので、信頼度が高い転職エージェントを探している人にはおすすめです。

そして、地方の調剤薬局転職に強いので、高収入な転職というよりも、職場環境を変えたいと思う人には向いているといえるでしょう。

もちろん、薬剤師に特化した転職サービスなので、薬剤師の業界知識を持った専任エージェントがあなたの希望にあったお仕事を斡旋してくれます。

マイナビ薬剤師

業界最大手の1つであるマイナビが運営しているマイナビ薬剤師。名前のとおり、薬剤師に特化した転職エージェントです。

マイナビ薬剤師のエージェントは、カウンセリングをしっかりしてくれることが魅力で、あなたの要望に沿った求人を膨大な案件の中から探し出してきてくれます。

保有求人数自体が豊富でこのようにしっかりとしたカウンセリングが充実していて、あなたにぴったりな案件を探し出してくれる大手は、登録するだけで転職が有利になります。

若くて気力がある20代のうちに高収入薬剤師に転職しよう

若くて気力のある20代は、その柔軟性やポテンシャルを評価されて、転職につながりやすいという部分があります。

6年の間、大学で学ばなければならないため、第二新卒扱いになる年齢が高めに設定されているということもあり、20代後半でもまだまだ転職は間に合います。

自分が働きたい場所や希望するお給料に見合ったスキルを身に付けるなどして、転職活動を成功させましょう。

コメントを残す

Close Menu