公務員薬剤師に転職するには?転職の仕方を一挙解説

公務員薬剤師に転職するには?転職の仕方を一挙解説

皆さんは公務員薬剤師というお仕事があるのをご存知でしょうか?

薬剤師と言えば国家試験を合格して初めてなれる、高い知識とスキルが求められる職業。しかし多くの薬剤師は民間企業に就職するケースが多いため、公務員薬剤師は特殊な職業だと思われがちです。

今回は公務員薬剤師がどういったお仕事なのか、そして公務員薬剤師になるにはどうしたら良いのかなど、転職を検討中の方に向けてご紹介致します。

公務員薬剤師とはどんなお仕事?

一口に公務員薬剤師と言っても、そのお仕事は様々。まずは公務員薬剤師の仕事内容について、それぞれ確認してみましょう。

国家公務員薬剤師と地方公務員薬剤師がいる

公務員薬剤師には国家公務員薬剤師と地方公務員薬剤師の2種類があります。

薬事関係の法令づくりなどに携わる国家公務員薬剤師

国家公務員薬剤師は国家Ⅰ種・国家Ⅱ種、という2つの国家試験に両方合格した薬剤師がなることができる職業です。

主な業務は国の薬事行政にまつわる仕事です。薬事法のような法令を作ったり、薬の管理法などをつくる仕事ですので、薬剤師らしいお仕事と言うよりはいわゆる官僚らしいお仕事と言えるかもしれません。

薬の研究や管理を行う理系的な仕事とは違い、法律を施行したり管理する仕事となっていますので、薬を研究し続けたいという方にはあまり向いていない可能性もあります。

幅広い仕事に携わる地方公務員薬剤師

地方公務員薬剤師は、地方公務員上級試験の薬学分野に合格した薬剤師が就職することができるお仕事となっています。

主に従事しているのは食品の安全検査や環境衛生評価などの行政的な仕事、国立の病院や研究所で薬に関わる仕事です。

仕事の幅は広いですが、国家公務員薬剤師よりも一般的な薬剤師のイメージに近いお仕事に従事することとなります。基本的に公務員薬剤師という場合、地方公務員薬剤師のことを指すのが一般的です。

薬剤師としてのスキルが必要な公務員は他にも

公務員であり、なおかつ薬剤師としての知識やスキルが求められる職業は国家公務員薬剤師や地方公務員薬剤師だけではありません。

例えば麻薬取締官は麻薬への知識やスキルとして薬剤師としてのキャリアが活きる公務員のお仕事です。

麻薬取締官自体は公務員試験などを受ける必要が無く、採用試験を受ければ麻薬取締官として働くことができるようになっています。

このように国家公務員薬剤師や地方公務員薬剤師以外にも薬剤師としてのスキルを活かしつつ、公務員として働くことができる職業は存在しています。

様々な選択肢の中から自分にとってより良い職業を選び、長く安定した生活を送れる可能性が高い求人を逃さないようにしましょう。

公務員薬剤師になるにはどうしたら良い?

公務員薬剤師になる条件とはどういったものなのでしょうか。ここでは公務員薬剤師の中でも代表的な地方公務員薬剤師に関してチェックしていきます。

公務員試験の年齢制限

公務員試験には年齢制限が存在しています。

受ける地方によって年齢制限は変わってきますが、大体は29歳未満の場合が多く、高い地域でも36歳未満が上限となっています。

もちろん公務員試験を受ける前に、受けようと思っている地域の公務員試験の年齢制限を確認する必要があります。

しかし年齢制限がある以上、公務員薬剤師になるのであれば30代前半までには公務員試験を受ける準備をしておき、その前に公務員試験対策をしっかり行うことが大切となるでしょう。

1度資格を取れば公務員薬剤師に転職できる

公務員試験を受けるためには年齢制限が存在していますが、1度資格さえ取ってしまえば40代の方でも50代の方でも転職をすることは可能です。

ただ年齢を重ねるにつれてキャリア重視で採用が決まるため、「資格は持っているものの公務員薬剤師としてのキャリアは少ない」というケースでは年齢が高い人の方が不利になってしまいます。

しかし転職エージェントを利用すれば、キャリアにブランクのある方でも公務員薬剤師として働ける可能性が高まります。

転職エージェントの詳しい情報は後の項目でご紹介しますので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

公務員試験の難易度は?

公務員試験の難易度自体は薬剤師の国家試験よりは難易度が低いとされています。

ただ薬学の知識だけが必要となる薬剤師の国家試験と違って、公務員試験は現代文や英文の文章理解力や、数的推理、政治経済や法律など、幅広い分野の一般教養に関する知識が求められます。

これは薬剤師の国家試験とは全く違う分野であるため、薬剤師の国家試験よりも簡単だからといって勉強や対策を立てずに公務員試験に合格するのは非常に難しいといえるでしょう。

また専門試験として物理や化学、薬剤に関する試験も受けることとなります。

こちらは薬剤師の国家試験に似たような内容になりますが、国家試験を受けた時からかなり長い時間が経過している場合は内容を忘れてしまっていることも十分考えられます。

確実に合格するためにも事前の勉強や対策をしっかりと立てておき、早い段階で確実に公務員試験を合格するようにしましょう。

非常に難易度の高い面接試験

公務員試験最大の難関と言われているのが面接試験です。

一般的な面接と同じでその公務員を志す理由や自己PR、なぜその自治体の公務員になりたいかなど基本的な事項を質問されます。

しかしそういった基本的な面接がなぜ難関と言われるのか、そこには「筆記試験の対策ばかり行い、面接対策を立てず本番に臨んでしまう方が多い」ことにあると考えられます。

確かに筆記試験の勉強は大切ですが、面接試験を侮ってはいけません。

特に地方公務員薬剤師の場合、人柄を重視している傾向が強く、筆記試験の結果がいくら良くても面接で悪印象を与えてしまうとそれだけで落とされてしまうことも珍しくありません。

とはいえ面接自体は一般企業の面接ほど難しいものではないと言われているので、面接対策セミナーや予備校などで対策を立てていれば十分にクリアすることができます。

公務員試験には筆記試験だけではなく面接試験があることも頭に入れておき、どちらもしっかり対策しておくようにしてください。

転職エージェントでスムーズに公務員薬剤師に転職

公務員薬剤師の資格を得たからといってすぐに公務員薬剤師として働くことができるとは限りません。

資格を取得後、民間企業へ就職していく方と同ように転職活動をすることで初めて公務員薬剤師として働くことができます。

しかし公務員薬剤師という転職に有利な資格を持っているとはいえ、転職活動をスムーズに行うためには慣れや知識が必要となります。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントを利用して転職活動を進めていく方法です。

転職エージェントと言うと「民間企業の求人しか持っていない」というイメージがありますが、エージェントによっては公務員薬剤師の求人を保有しているケースもあります。

転職エージェントを利用するとどのようなメリットがあるのか、この項目でご説明したいと思います。

そもそも転職エージェントとは

転職エージェントとは転職者の転職活動をサポートするために活動する人、もしくはそれを管理する企業や運営サイトのことを指します。

運営サイトに基本情報の登録を行うとそのサイトに所属しているコンサルタント(エージェントによってはアドバイザーと呼ばれることもあります)が担当として付くこととなります。

そのコンサルタントとやり取りをしつつ、具体的なサポートを受けながら転職活動を進めていき、自分の理想に近い企業に転職することがエージェントにとっても、あなたにとっても重要な目標となります。

複数の転職エージェントを利用しても問題ない

転職エージェントは様々な企業やサイトが利用しているシステムで、別々のサイトで登録することで複数の転職エージェントからサポートを受けることができます。

1つの転職エージェントとやり取りするよりも、複数の転職エージェントと転職活動を進めた方が別々の視点から、新たな転職先を探すことができます。

その上転職エージェントを利用することができるサイトのほとんどが登録料や会員費が無料のため、複数のサイトに登録するデメリットはほとんどありません。

より確実に転職活動を成功させたいという方は、複数の転職エージェントを利用して自分の理想に近い公務員薬剤師になれるように頑張りましょう。

登録すると非公開求人もチェックできる

転職エージェントでは会員登録を行わなくても求人をチェックすることができます。

しかし会員登録を行うと、多くの転職エージェントでは会員登録していない方は見ることができない非公開求人をチェックすることが可能となります。

非公開求人は一般的に公開されている求人よりも待遇が良いものが多く、「時間の融通が利きやすい」、「年収が高い」などより良い条件で転職することが可能になる場合も十分あります。

必ずしも非公開求人の方が良いとは限りませんが、非公開求人の方が自分の理想に近い企業に転職できる可能性が高いといえるでしょう。

複数の転職エージェントに登録すればその分多くのサイトにある非公開求人をチェックすることができます。

チェックできる求人数が多いほど転職先の選択肢も広がるので、転職に慣れた方であっても複数の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントや非公開求人を上手に利用して転職活動のストレスをできるだけ減らし、公務員薬剤師として活躍できるように頑張りましょう。

転職エージェントの主なサポート

転職エージェントを利用することで以下のようなサポートを受けることができます。

希望条件のカウンセリング

まず転職エージェント登録後、まず行うのは担当コンサルタントと行う転職相談です。

登録後、すぐにカウンセリングが行われる場合がほとんどですので、出来れば直接コンサルタントと会えるような日程を開けておくとスケジュール調整がスムーズに進むでしょう。

転職相談では、転職エージェントへ「自分がどんな企業で働きたいか」や「今までどんなキャリアやスキルを積み重ねてきたのか」といったことをカウンセリングでやり取りすることとなります。

このカウンセリングによってこれからの転職活動がスムーズにいくかどうかが変わってきます。

必ず転職エージェントに聞かれた内容には具体的に答えるようにし、滞りなく転職活動を進めるようにしてください。

転職者の希望に沿った求人の紹介

カウンセリングが終わると転職者の希望する条件に近い求人をサイトから検索し、転職者の希望する求人もしくは希望に近い求人を転職者に紹介します。

サイトや転職エージェントによって紹介される早さは違いますが早いところだと即日、遅くても1週間以内には転職エージェントが求人を紹介してくれます。

転職エージェントが紹介してくれた求人の中から自分の理想に近いと感じたものがあれば、その企業の内部事情や詳しい情報などを転職エージェントに調査してもらい、その結果を聞くこともできます。

転職活動を早く進めることも大切ですが、焦りすぎて思っていた環境とは違う職場で働いてしまっては、すぐにやめてしまう可能性が高まってしまいます。

転職後のミスマッチを防ぐためにも、紹介してもらった求人をしっかり見比べるようにしましょう。

転職に関する情報収集についてもエージェントがサポートしてくれますので、遠慮なく転職エージェントに情報収集を手伝ってもらうようにしてください。

履歴書の書き方をチェック

転職活動を行う上で必ず行うのが企業への履歴書の提出です。

履歴書の書き方には多くのマナーや暗黙のルールが存在しており、転職活動を初めて行う人であれば十分なクオリティのものを書くのはむずかしいでしょう。

また、企業名や資格名の正式名称についてもしっかり調べて書く必要がありますし、職務経歴書なども追加で作成しなくてはならないため、転職活動の中でも手間がかかる作業となります。

転職エージェントは転職者が作成した履歴書や職務経歴書といった必要資料に目を通し、正しい書き方で書かれているかどうか、より採用率を高めるためにはどうかけば良いかなどをチェックしてくれます。

転職エージェントは転職のプロですので、履歴書のような必要書類の作成マナーに精通しています。

1度目を通してもらえば自分が作成した書類にどういった問題があるのか、採用率を高めることができるかどうかを見てもらうことが可能です。

たとえ履歴書に自信がある方でも、手書きで書いている場合どこかでミスをしている可能性は十分あります。

履歴書を正しく書けていたとしても、1度転職エージェントに自分が作成した履歴書や職務経歴書を見てもらうようにしましょう。

面接のマナーも確認してくれる

面接も履歴書と並んで避けては通れない重要な転職活動の1つです。

しかし面接時のマナーなどは良いものの、質疑応答やその内容に関しては企業や面接官によって大きく異なります。

状況によって問われる内容も変わってくるため、常に同じ答えを用意することができないのが面接の難しさと言えるでしょう。

その難易度から、面接はなんとなく苦手…と感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、面接に苦手意識がある人でも転職エージェントのサポートがあれば自信をもって臨むことが可能です。

転職エージェントと直接会うことができる方の場合は、面接時のマナーや立ち振る舞い、実際に面接をやってみて問題が無いかどうかなどをチェックしてくれる転職エージェントもいます。

面接時のマナーや立ち振る舞いで良くないポイントを指導してもらうことができるほか、転職を希望している企業に詳しい転職エージェントの場合、応募したい部門に合わせた対策を立てることもできます。

特に大手転職企業に所属している転職エージェントの場合、過去の転職成功者から転職時に聞かれた質問の内容などを調査し、その企業の傾向と対策を既に練っている転職エージェントも居ます。

面接が得意という方でも、企業によって必ずしも自分のやり方に合った面接が行えるとは限りません。

まずは転職エージェントと連携して転職したい企業の面接の傾向と対策を練り、採用率がより高くなるように万全を期すようにしてください。

内定後でも転職エージェントのサポートを受けられる

転職活動を進め、企業から内定を貰ったからといって転職活動はそこで終わりではありません。

内定を貰った後でも転職活動は続いていますので、転職エージェントのサポートも引き続き受けることができます。

企業に入社する前に行うことができるのは条件の交渉です。

給与や休日、勤務時間などの条件を、内定をもらってから入社するまでに企業と交渉することによってより良いものにすることが可能です。

しかし条件の交渉は転職に慣れている方でも難しく、知っていてもうまく企業と交渉することができず印象を悪くしてしまい、条件を良くするどころか最悪の場合内定を取り消されてしまう可能性もあります。

ですが転職エージェントはこの内定後の交渉スキルも磨いているので、転職者の代わりに企業と交渉を行い、転職者の希望により近い条件で働くことができるサポートを行ってくれます。

このように内定後でも転職エージェントのサポートを受けることができるほか、サイトによっては転職に伴い前職を退職する場合、退職後のケアなどを行ってくれる場合もあります。

例えば同じ業種の別の企業に勤める場合、転職者が辞める際の情報が転職先の企業に渡り、「転職してみたら非常に働きづらかった」ということも珍しいことではありません。

こういった場合でも転職エージェントが退職時にその企業に別の企業へ転職者の情報を漏らさないように指示する、円満退職をサポートしてくれるサービスを行ってくれる場合もあるのです。

特に現代では退職時にプレッシャーを与え、退職しづらい雰囲気を出す企業が残念ながら増えつつあります。

そういった方でも自信をもって退職できる手助けを転職エージェントが行ってくれるということも、頭に入れておいてくださいね。

公務員薬剤師におすすめの転職エージェント5つ

転職エージェントは非常に便利な存在ですので、転職活動をスムーズに進めるうえでぜひ登録しておきたいと考えている方も多いでしょう。

次は公務員薬剤師の転職に便利な転職エージェントをご紹介いたします。

薬剤師向けの転職エージェントなら薬キャリAGENT

薬キャリAGENT(エージェント)は薬剤師の転職を専門にサポートしてくれる転職エージェントです。

薬剤師のキャリアやスキルが活かせる求人が多数掲載されており、その中には公務員薬剤師を募集している求人も募集されています。

そんな薬キャリAGENTの強みはなんと言っても「薬剤師という業界に精通しているエージェント」だということ。

やはり薬剤師業界に詳しい方であれば単純に転職活動をスムーズに進めやすいだけではなく、転職者が希望している企業に精通している可能性が非常に高いといえます。

薬剤師転職をサポートしてきただけあって、面接の傾向と対策を練りやすかったり、内定後の交渉を成功させて転職者の理想に近い職場環境を作りやすいのが強みと言えるでしょう。

もし公務員薬剤師としての道を選ばなかったとしても、薬剤師として得た知識やスキルを活かして働くことができる求人が多いので、転職をスムーズに進めることができるのに変わりはありません。

また薬キャリには子供がいる女性のための薬キャリmamaや薬剤師だけではなく医療系求人を多く取り揃える薬キャリエムスリーなど派生サイトが運営されています。

自分の環境や働き方に合った薬キャリを利用し、転職活動を進めていくようにしましょう。

無料登録はこちらから

薬キャリAGENTの評判

薬キャリAGENTは求人の数こそ他の大手転職エージェントに比べれば少ないですが、1つ1つの求人の質が良く、希望の条件に合う求人が見つかったと高評価です。

転職エージェントの対応も全体的に早くスムーズで、次の転職先を決めるまでのスパンが短くて良いという声が多く寄せられています。

求人やサポートの質も高く、薬剤師を専門とした転職エージェントなので、公務員薬剤師としての道を探している方はまず薬キャリAGENTに自分の情報を登録しておくのが良いでしょう。

大手転職エージェントが運営するマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は転職業界大手のマイナビが薬剤師向けに運営している転職エージェントです。

元々幅広い業種の企業の求人を掲載してるマイナビが運営している転職エージェントというだけあって、非常に多彩な求人を取り扱っており、公務員薬剤師を募集している求人もチェックできます。

マイナビ薬剤師はサポート面でも高評価となっており、多くの転職者の転職をサポートしてきた経験豊富なコンサルタントが多数所属しています。

多くの転職者を成功に導いてきた実績と経験のあるコンサルタントのスキルによって、履歴書や面接はもちろん、内定後の交渉も安心して任せることができます。

あなたのキャリアによっては転職前より年収がアップすることも少なくはありません。

幅広い求人とスキルの高いコンサルタントを求めている方であれば、大手であるマイナビ薬剤師にも登録しておくのがおすすめです。

無料登録はこちらから

マイナビ薬剤師の評判

マイナビ薬剤師の転職エージェントは非常にサポート面での対応がよく、転職者と1対1で向き合っている印象を強く抱いた方が多数いました。

  • 「レスポンスが非常に早い」
  • 「多くの求人を次々と紹介してくれる」
  • 「自分の理想に近い企業を見つけることができた」

などという声が多くあり、サポート面での安心感はトップクラスでしょう。

マイナビという大手の転職エージェントだからといって薬剤師の知識が薄いということはなく、薬剤師という業界に精通し、知識やスキルの高いコンサルタントは多数所属しています。

手厚いサポートを受けたことで、安心して転職活動を進められたという転職者も多数いました。

大手の転職エージェントならリクナビ薬剤師もおすすめ

リクナビ薬剤師も転職業界大手のリクルートが運営している薬剤師専門の転職エージェントです。

大手の強みである求人の幅広さによって公務員薬剤師を募集している求人も多く掲載されていて、自分が進みたい道を見つけやすいのがリクナビ薬剤師の特徴です。

さらに、リクナビ薬剤師には実績と経験を積み重ねた熟練のコンサルタントが多数所属しているため、自分の転職活動をスムーズに進めやすい場所となっています。

転職を成功させている薬剤師の方の成功事例や転職を成功させるためのマニュアルも用意されており、実際に転職をするつもりが無い方やこれから転職を予定している方も参考になる情報が掲載されています。

非公開求人の数も非常に多いので、複数の転職エージェントを利用する中でリクナビ薬剤師も選択肢の1つとして入れておくのが良いでしょう。

無料登録はこちらから

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師も大手の転職エージェントとして転職者1人1人と向き合い、しっかりと転職活動を成功させている方が多い印象です。

多くの転職エージェントが転職者に合った転職プランや企業を提案しており、転職者に負担が掛からないペースで転職活動を進めてくれます。

仕事をしながら転職活動を進めたい方でも安心して転職先を探すことができる場所と言えるでしょう。

求人も公務員薬剤師として働ける求人が幅広く掲載されており、公務員薬剤師1本で転職活動を臨んでいる方でも十分に転職を成功させることができるエージェントと言えます。

求人件数トップクラスのジョブデポ薬剤師

ジョブデポ薬剤師は医療系求人を集めたジョブデポの薬剤師向けサイトで、その求人数は8万件以上と非常にたくさんあります。

その求人の量から薬剤師としての幅広い選択肢を得ることができ、公務員薬剤師としての道も選べる転職エージェントです。

ジョブデポ薬剤師の大きな特徴としてお祝い金制度、そして友達紹介制度によってお金が貰えるという点です。

転職先に3ヶ月以上勤務する、ジョブデポ薬剤師の転職エージェントを介して正社員として雇用されるなどの条件をしっかり踏んで転職をすれば、40万円のお祝い金を貰うことができます。

友達紹介制度も同じ条件を踏んで紹介した友達が転職すれば、自分も友達も5万円のお金を受け取ることができます。

こういった制度がある転職エージェントは他にもありますが、それに比べるとジョブデポ薬剤師でもらえるお祝い金の額は非常に高額。

一般企業のボーナス額と言っていいほどの額をもらうことも可能です。

もちろん転職エージェントもプロの交渉テクニックや知識を身に着けた精鋭がそろっています。嬉しい報酬と転職活動を円滑に進めるためにジョブデポ薬剤師も登録しておくのがおすすめです。

無料登録はこちらから

ジョブデポ薬剤師の評判

ジョブデポ薬剤師には真剣に自分と向き合ってくれるコンサルタントが多く、「自分の希望する転職先に向けて誠意をもって対応してくれる」など、対応に関して高評価の意見が多くなっていました。

求人数も非常に多く、お祝い金制度で報酬も貰うことができ、それに向けて頑張ることができるというのも大きなポイントとなっているようです。

自分のモチベーションを維持できるシステムとして、お祝い金制度は良い制度だといえるでしょう。

30代の方におすすめファーマジョブ

30代以上の転職者の方にはファーマジョブを利用するのがおすすめです。

ファーマジョブは厚生労働省からの許可を得て運営されている転職エージェントで、地域に密着した求人を多数掲載しています。

転職エージェントも全国各地におり、転職エージェントがその地域の企業を担当しています。

面接時の質問の傾向やその企業の内部事情を教えてもらい、他の転職者よりも有利に転職を進められる可能性が高まります。

特に転職に真摯に向き合いたい30代以上の転職者におすすめなので、公務員薬剤師を目指す30代以上の方はもちろん、公務員薬剤師の資格を遅めに得たという方の利用もおすすめです。

無料登録はこちらから

ファーマジョブの評判

全国の求人に密着しているファーマジョブは転職者が働きたい地域で希望に近い企業をしっかりと紹介してくれて、そこに転職するのに手厚いサポートを行ってくれるということで評判となっています。

また人によっては転職エージェントの交渉によって求人を新たに作ってもらえたという方もおり、転職エージェントが転職者のことを考えて行動してくれているのが伝わります。

やはり転職と本気で向き合っていきたい30代以上の方にとって、ファーマジョブは特に合っている転職エージェントと言えるでしょう。

公務員薬剤師&転職エージェントまとめ

公務員薬剤師は薬剤師という資格に加え、公務員試験もクリアしなくてはならない難度の高い資格です。

しかしその努力に見合った年収や働き方が用意されている可能性が高く、転職活動を上手に行うことさえできれば自分の理想に近い環境で働くこともできるでしょう。

ぜひ複数の転職エージェントを利用して、公務員薬剤師の資格を活かした自分の理想に近い企業で働けるよう努力を続けていきましょう。

 

コメントを残す

Close Menu