DHTを徹底的に抑制する方法7つ!原因や多い人の特徴は?

AGA(男性型脱毛症)の原因となるのがDHTです。 

ということは、DHTを抑制することができればAGAを予防、改善することができるということです。 

そこで、こちらではDHTを抑制する7つの方法として 

  1. 有酸素運動
  2. 筋トレ
  3. 食べ物
  4. シャンプー
  5. 育毛剤
  6. ノコギリヤシサプリ
  7. クリニックで薬を処方してもらう

を紹介しています。 

また、DHTは男性ホルモンのテストステロンが変化したものですが、 

  • どうしてテストステロンがDHTへと変化するのか?
  • DHTに変化しやすい人の特徴は?

などの疑問にもお答えしています。

DHTが多い人の特徴に当てはまる方は、DHTが作られる原因を知り、紹介する抑制方法を行ってAGAにならないようにしましょう。 

DHTを抑制する方法は?原因を知って正しく対処しよう 

DHTはテストステロンが変化したものです。 

そこで、この記事では 

  • どうしてテストステロンがDHTへと変化するのか?
  • どうしたらDHTに変化しないのか?

について紹介します。 

DHTが作られる原因を知り、正しく対処すればAGAを予防、改善することができます。 

DHTを抑制するにはテストステロンと結びつく5αリダクターゼ抑制が重要 

AGAは、テストステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて変化したDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で起こります。 

つまり、AGAを予防、改善するには「DHTが作られないようにすればよい」ということになります。 

なので、テストステロンをDHTへと変化させる5αリダクターゼの働きを抑制することが重要となります。 

ただ、5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類があります。 

AGAの原因となるのは主に5αリダクターゼ「Ⅱ型」で、前頭部と頭頂部に集中して存在します。 

AGAに「O字型」「M型」「MO型」があるのは、このためです。 

ただ、5αリダクターゼ「Ⅰ型」が全くDHTを作り出さないということではありません。 

とはいえ、まずは5αリダクターゼ「Ⅱ型」の働きを抑えることが重要です。 

5αリダクターゼの発生原因は? 

5αリダクターゼの「Ⅰ型」は皮脂腺に多く存在しています。そのため皮脂の分泌が多い人は、5αリダクターゼ「Ⅰ型」の発生量も多くなります。 

また、脂っこい食べ物を好んで食する方も皮脂の分泌が多くなるので、5αリダクターゼ「Ⅰ型」の発生量も多くなります。 

一方で5αリダクターゼ「Ⅱ型」は毛乳頭に多く存在しています。

そのため「Ⅱ型」の発生量の多い方は、体毛やヒゲが濃くなることが多いです。 

また頭髪の毛乳頭にも多く存在するので、薄毛になる方もいます。 

これは、体毛やヒゲは男性ホルモンの影響を受け、頭髪が女性ホルモンの影響を受けていることに関係しています。 

そして、「Ⅱ型」の分泌量が多いか少ないかは遺伝により決まります。 

5αリダクターゼの遺伝情報はX染色体に含まれているので、母方に薄毛の方が多ければ 、5αリダクターゼの分泌量が多い体質を遺伝で受け継いでいる可能性が高まります。  

5αリダクターゼが多い人の特徴は?  

5αリダクターゼ「Ⅰ型」は皮脂腺から皮脂と共に分泌するので、脂っぽい頭皮になりやすいです。 

そのため、指の腹で頭皮をこすった時に皮脂で指がギトギトした場合は、「Ⅰ型」の分泌が多い傾向と言えます。 

また5αリダクターゼ「Ⅱ型」は頭頂部や前頭部に多く存在しているので、その部位に薄毛の症状が出ることがあります。 

このような薄毛の症状は、DHTが原因で起こるAGA(男性型脱毛症)の方によく見られます。 

ただ5αリダクターゼ「Ⅱ型」がDHTの生成に影響を与えるかは、その人の体質によるので、「Ⅱ型」の分泌量が多いからと言って、必ずAGAになるわけではありません。 

ということで、5αリダクターゼが多く存在する方には、頭皮が脂っぽい人が多いです。 

また前頭部や頭頂部が薄毛の方も、5αリダクターゼが多いと言えます。 

女性でもDHTは産生される? 

DHTはAGA(男性型脱毛症)の原因であるので、男性だけに産生されると思われがちですが、女性にも産生されます。 

これは、DHTの元となるテストステロンは女性にも存在しているからです。 

女性は、エストロゲン(女性ホルモン)とテストステロン(男性ホルモン)のバランスを保ちつつも、エストロゲンの働きが大きいです。 

しかし、更年期や出産などによりエストロゲンの働きが弱まることで、相対的にテストステロンの働きが強まります。 

すると活発になったテストステロンが5αリダクターゼの影響を受けてDHTへと変化してしまいます。 

このように、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れるとDHTが増える条件が整ってしまいます。 

また、更年期や出産の他にも、睡眠不足、過剰なダイエットなどにより女性ホルモンの働きが弱まるとDHTが産生されることがあります。 

DHTを抑制する方法は7つ!運動・シャンプー…どれがベスト? 

DHTを抑制する方法として 

  • 有酸素運動
  • 筋トレ
  • 食べ物
  • シャンプー
  • 育毛剤
  • ノコギリヤシサプリ
  • クリニックで薬を処方してもらう

など7つの方法があります。 

そこで、これら7つの方法を解説すると共に、どの方法がベストなのかを紹介します。

DHTを抑制する方法①有酸素運動 

DHTの生成を抑制する方法として有酸素運動は効果的です。 

DHTは、テストステロンが5αリダクターゼ還元酵素の影響を受けて変化したものですが、有酸素運動はテストステロン値を減らす効果があるためです。 

ただ、実は運動をするとテストステロンの分泌量が増えます。 

これは運動は身体にとって大きなストレスであるため、そのストレスに対抗するために男性ホルモンのテストステロンを分泌するためです。 

しかしながら、分泌量の増えたテストステロンは筋肉に運ばれて受容体と接合することで消費されます。 

この時の消費量は分泌量よりも多いので、結果としてテストステロン値が減り、DHへ変化することを抑制するのです。 

このように、有酸素運動はDHTの生成を抑制してくれますが、運動開始後は徐々にテストステロン値が増えます。 

個人差のあることですが、有酸素運動を始めてから、1時間程度はテストステロンが増加傾向にあります。 

その後は、徐々に減少していき、運動後はかなりテストステロン値が減った状態になります。 

DHTを抑制する方法②筋トレ 

DHTが抜け毛や薄毛を進行させることを抑制するのに筋トレは効果的です。 

筋トレで筋肉が刺激されると血液中のテストステロンの数値が高くなります。 

そして、増加したテストステロンは、筋肉細胞にある男性ホルモン受容体と結合し筋肉細胞の活動を活発にして筋肉を増加させます。 

実はこの時、テストステロンと男性ホルモン受容体が結合しDHTが作られます。 

しかし、DHTは筋肉を大きくすることに使われるので、抜け毛や薄毛を進行することはありません。 

このようにDHTは、筋肉だけでなく体毛やヒゲ、男性らしい骨格などを形成するためにも使われているのです。 

実は、男の胎児は母親のお腹にいる時に、DHTの働きによって男性機能(陰茎)を作ります。 

とはいうものの、DHTが薄毛の天敵であることに間違いありません。 

筋トレをして男性らしい体格を作りつつ、薄毛の予防、改善をしましょう。 

DHTを抑制する方法③食べ物 

DHT生成を抑制する食べ物があります。 

どのような食べ物が良いのかは、2つの考え方があります。 

DHTは、テストステロンと5αリダクターゼから作られているので、1つはテストステロンの働きを抑える食べ物。 

2つ目は、5αリダクターゼの働きを抑える食べ物です。

まず、テストステロンの働きを抑える食べ物として、女性ホルモンと同じような働きをする「大豆イソフラボン」があります。 

大豆イソフラボンを多く含む食品には「納豆・豆腐・きな粉・味噌・油揚げ」などがあります。

特に更年期や出産後に女性ホルモンが減少する時期に積極的に摂取しましょう。   

次に、5αリダクターゼの働きを抑制するには亜鉛の摂取が効果的です。 

亜鉛は5αリダクターの働きを抑制するので、テストステロンがDHTへと変化するのを阻害します。 

亜鉛を多く含む食べ物には「牡蠣やホタテ貝などの魚介類」「豚レバーや赤肉などの肉類」「ウナギ」や「玄米」などがあります。 

また亜鉛はビタミンCと同時に摂取することで効率よく体内に吸収されるので、牡蠣にレモンをかけるなど工夫するといいです。 

DHTを抑制する方法④シャンプー 

DHTの生成を抑制するのにシャンプーも効果的です。 

DHTの生成に大きく関わっている5αリダクターゼは毛穴にある皮脂腺から皮脂と共に分泌されます。 

そのため頭皮がベトつくなど脂っぽい頭皮の方は、5αリダクターゼの分泌量も多い傾向にあります。 

シャンプーで丁寧に頭皮ケアをすると、皮脂の分泌量が抑えられ、結果として5αリダクターゼの分泌量の減少します。 

5αリダクターゼの量が減ればテストステロンと結合することも減るので、DHTの生成量が減るということです。 

「皮脂の分泌量が減る」⇒「5αリダクターゼの分泌量も減る」⇒「テストステロンと結合しないのでDHTが作られない」 

ということです。 

ただ、皮脂は、雑菌などから頭皮を守りバリアゾーンの役割もしています。 

洗浄力の強いシャンプーで皮脂を取りすぎると、体が「皮脂が足りない」と判断して、余計に皮脂を分泌するようになります。 

このような理由から、余分に分泌される皮脂だけを除去できるように、適度な洗浄力を持つ頭皮ケア用のシャンプーを使うことが望ましいです。 

おすすめのシャンプー:SIMFORT 

DHTの生成を抑制するのにSIMFORT(シンフォート)シャンプーはおすすめです。 

SIMFORTは、炭酸パワーで過剰に分泌する皮脂をスッキリと取り除いてくれます。 

皮脂と共に分泌される5αリダクターゼも取り除かれるので、DHTの生成も抑えられます。

SIMFORT(シンフォート)は、普通のシャンプーでは取り除けないような毛穴に詰まった皮脂も除去することができます。 

それでいて頭皮を防御するために必要な皮脂は残してくれるので、頭皮ケアに最適のシャンプーです。 

またSIMFORT(シンフォート)には保湿効果もあるので、頭皮が乾燥しすぎることもありません。 

頭皮が乾燥するとフケが出やすくなります。フケは雑菌のエサになり、頭皮環境を悪化させる原因にもなります。 

髪が成長するために最適な頭皮環境を整えてくれるのがSIMFORT(シンフォート)シャンプーです。 

DHTを抑制する方法⑤育毛剤を使用する

DHTの生成を抑制するのに育毛剤は効果的です。 

ただ育毛剤には、 

  • 攻めの育毛剤・・・血行を促進し髪の成長を促進するタイプ
  • 守りの育毛剤・・・5αリダクターゼを抑制するタイプ
  • 土台作りの育毛剤・・・保湿作用、抗菌、抗炎症作用を持ち頭皮環境を整えるタイプ

の3つのタイプがあります。 

DHTを抑制するには、「守りの育毛剤」を選ぶ必要があります 

5αリダクターゼの働きを阻害してくれるので、DHTの生成を抑えることになります。 

また育毛剤にはDHTを抑制する働きの他にも、抗炎症作用、保湿作用など頭皮環境を整える成分を合わせて配合されているものが多くあります。 

高価な育毛剤の中には、「攻めの育毛剤」「守りの育毛剤」「土台作りの育毛剤」の働きを併せ持つものもあります。 

育毛剤は日々進化しているので、購入する前に配合成分をチェックしましょう。 

効果的な成分は? 

5αリダクターゼを抑制するタイプの育毛剤であるかを見分けるには、配合成分をチェックしてください。 

表示成分に「キャピキシル・オウゴンエキス・ジオウエキス・チョウジエキス・ビワエキスホウセンカエキス」などがあれば5αリダクターゼを抑制するタイプの育毛剤と判断してよいでしょう。 

中でもキャピキシルには「DHTを抑制する働き」と共に「髪の毛を成長させる働き」があります。 

キャピキシルは、アセチルテトラペプチド(アミノ酸が4つ結合している)と、アカツメクサ花絵エキスから成っています。 

そしてアカツメクサのエキスに含まれる「ビオカニンA」という成分がDHTの生成を抑える働きがあります。 

またアセチルテトラペプチドには、髪の成長を促す作用を持つ成分です。 

キャピキシルは、それひとつでDHTの生成を抑制し、髪の成長を促す優れた成分です。 

おすすめの育毛剤:ALL ON SCALP

ALL ON SCALP

DHTの生成を抑制してくれる育毛剤では「ALL ON SCALP」がおすすめです。 

ALL ON SCALPにはキャピキシルが配合されており、効率よく5αリダクターゼを抑制してくれます。 

またキャピキシルは、髪の成長活性度がミノキシジルの3倍あるというデータもあります。 

ただ3倍というのは細胞レベルの話で、毛母細胞の分裂活動が3倍高いということです。 

なので、髪の本数が3倍になるということではありません。 

とはいうものの、5αリダクターゼを抑制し、髪の成長活性度を高めてくれる育毛剤が「ALL ON SCALP」です。 

お客様満足度が94.7%というのも納得です。(*2019年6月、使用感に関する満足度調査結果「自社調べ」) 

また定期便で購入することで初回購入価格が90%OFFになります。 

定期便でありますが、効果に納得できなければ1回きりで解約することもできますし、初回分限定で返金保証もついています。 

これで、試してみるのに何のデメリットもありませんので気軽に試して下さい。 

DHTを抑制する方法⑥ノコギリヤシサプリ 

ノコギリヤシには、5αリダクターゼ「Ⅰ型」「Ⅱ型」の働きを阻害して、テストステロンがDHTへと変化することを抑制する働きがあります。 

ノコギリヤシは、ヤシの一種で主にメキシコやアメリカに生息している植物で、もともと前立腺肥大症の治療に用いられていました。 

前立腺肥大症の原因がDHTにあるのでノコギリヤシで効果があるのです。 

そして、薄毛の原因がDHTにあることが解明されてから、薄毛を改善するためにノコギリヤシサプリを服用するようになりました。 

ノコギリヤシに副作用は、ほとんどありませんが、稀にアレルギー症状、過敏症、胃の不調などの症状を引き起こすことがあります。 

そのため、1日の摂取量は300㎎が適量だとされています。 

おすすめのサプリ:Growth project Black

Growth project Black

DHTの生成を抑制してくれるサプリとして「Growth project Blackサプリメント」をおすすめします。 

Growth project Blackサプリメントは累計50万本を売り上げ、満足度は92.6%でリピート購入する方が多いサプリです。(*2014年7月~9月 回答者500名のアンケート) 

またGrowth project Blackには、「純度の高いノコギリヤシ」「牡蠣60個分の亜鉛」「納豆27パック分のイソフラボン」が配合されており、効率よく5αリダクターゼの抑制成分を摂取することができます。 

特にノコギリヤシは純度が高いだけでなく、オイル状のままカプセルに閉じ込めることで、粉末状よりも2.2倍も吸収率が高くなります。 

効率よくDHTの生成を食い止めるのが「Growth project Blackサプリメント」です。 

DHTを抑制する方法⑦クリニックで薬を処方してもらう 

DHTを効果的に抑制する成分にフィナステリドがあります。 

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されました。 

そして、前立腺肥大症の治療に用いたところ発毛を生じる事例が続いたので、AGAの治療薬としても使われるようになりました。 

AGAの原因もDHTにあるのでフィナステリドが効果的です。 

フィナステリドの臨床試験では、2年以上服用を続けた方の約68%が、3年以上服用を継続した方では約78%の方が、薄毛が改善したとの結果がでています。 

フィナステリドは継続して服用することで薄毛を改善できる治療薬です 

ただ、フィナステリドは副作用の可能性もある医薬品なので、医師に処方してもらう必要があります。 

漢方薬は効果ある? 

漢方薬には疲労回復や冷え性を改善するものが多く、直接DHTを抑制する働きをもつものはありません。 

ただ、漢方薬の中にはストレスによる神経衰弱を緩和する効果を期待できるものがあります

これは、ストレスが原因で起こる脱毛症の予防への効果も期待できます。 

また、全身の血流を促進する作用を持つ漢方薬もあります。 

髪の毛の栄養は肝臓で作られ、血液に乗って毛根まで運ばれるので、漢方により血行が促進されれば髪に栄養が十分行き渡り、髪の成長に効果が期待できます。 

このように、漢方薬には直接DHTを抑制する効果はありませんが、漢方薬の持つ「ストレス緩和作用」や「全身の血流促進作用」のよって抜け毛を予防し、薄毛を改善させる効果も期待できます。 

ストレスや冷え性など、薄毛以外に体調不良を感じているならば、漢方薬を服用することでどちらも改善することが期待できます。 

薄毛以外に体調不良を感じているなら、上手に漢方薬を服用することも良いでしょう。

フィナステリドが効果的? 

DHTの生成を抑制するのにフィナステリドは効果的です。 

フィナステリドには5αリダクターゼの働きを抑える効果があり、テストステロン と結合することを阻害します。 

結果として、DHTの生成を抑制してくれるので、抜け毛予防や薄毛の改善に効果的です。 

もともとフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬ですが、5αリダクターゼを抑制する働きがあることからAGA治療薬にも使われるようになりました。 

ただ、Ⅰ型の5αリダクターゼには効果がないので注意が必要です。 

フィナステリドを2年間、服用すると約68%の方が薄毛を改善することができるとの臨床試験データがあります。3年間では78%の方が薄毛を改善しています。 

もし、フィナステリドで全く効果が出なければ、Ⅰ型の5αリダクターゼが影響していると考えられます。 

その場合、フィナステリドではなくデュタステリド(医薬品名:ザガーロ)が効果的です。 

またフィナステリドやデュタステリドは副作用のある医薬品なので、医師に処方してもらう必要があります。 

おすすめクリニック:AGAヘアクリニック 

AGAヘアクリニック

DHTを抑制するのであればフィナステリドの服用が効果的です。 

フィナステリドは医師の処方が必要な医薬品なので、皮膚科やAGA治療の専門クリニックでの診察を受けなくてはなりません。 

そこで、おすすめするのがAGA治療の専門クリニックであるAGAヘアクリニックです。 

もちろん皮膚科でも処方してもらうことはできますが、皮膚科はAGA治療の専門ではないのでおすすめしません。 

中には、フィナステリドでは効果の出ない方もいます。また薄毛が進行している方は積極的な発毛治療を受けたい方もいるのではないでしょうか? 

AGA治療の専門クリニックであればフィナステリドだけなく、発毛を目的とした治療も行っているので、トータルに相談することができます。 

そこでおすすめするが「AGAヘアクリニック」です。 

AGAヘアクリニックでは、「現状維持を目的とした治療」と「発毛を目的として治療」の2つのプランが用意されており、目的に合わせて治療を受けることができます。 

DHT抑制する近道はクリニックでの治療!まずは無料で気軽に相談を 

「有酸素運動・筋トレ・食べ物・シャンプー・育毛剤・ノコギリヤシサプリ」などDHTを抑制する方法を紹介してきましたが、一番おすすめなのはクリニックで治療することです。 

特に、AGA治療の専門クリニックであればDHTを効率よく抑制してくれる医薬品を処方してもらうことができます。 

フィナステリドでは、「Ⅰ型」の5αリダクターゼにしか効果はありませんが、デュタステリドなら「Ⅰ型」「Ⅱ型」の5αリダクターゼに効果があります。 

デュタステリドの方が副作用の可能性も高まりますが、AGAの専門医がしっかりと管理してくれます。 

またAGAクリニックではDHT抑制だけでなく、発毛を目的とした治療も行っています。 

フィナステリドとミノキシジルとの併用治療や、育毛サプリメントを併用するなど、薄毛の症状に合わせた治療薬を処方してくれます。 

このように、抜け毛予防や薄毛の改善治療だけでなく、積極的な発毛治療を受けれるのがAGA治療の専門クリニックです。 

AGAクリニックでは無料でカウンセリングを行っているところが多くあります。 

まずはカウンセリングから始めてみましょう。