薄毛の原因は5αリダクターゼにある?抑制方法を徹底解説!

薄毛の原因の多くは5αリダクターゼにあります。

薄毛になる方の7割以上がAGA(男性型脱毛症)と言われています。そして、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)は、5αリダクターゼがテストステロンを変化させたものです。

「テストステロン(男性ホルモン)+5αリダクターゼ(還元酵素)⇒DHT(薄毛の原因)」という構図です。

このように薄毛の原因の多くは5αリダクターゼが原因となっていますが、5αリダクターゼの働きを抑えることができれば薄毛を改善できるということでもあります。

そこで、こちらでは5αリダクターゼの働きを抑える方法を紹介しています。

抜け毛が多く「薄毛になるかもしれない・・・」と悩んでいる方から、すでに薄毛の方まで、5αリダクターゼをしっかりと抑制して薄毛の悩みを解決しましょう。

5αリダクターゼとは?遺伝するって本当?

5αリダクターゼは人の体に存在する酵素の一種で、男性ホルモンが原因で起こるAGA(男性型脱毛症)の原因物質で遺伝します。

5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類があります。「Ⅰ型」は皮脂腺に多く存在し「Ⅱ型」は頭頂部や前頭部の毛乳頭に多く存在します。

Ⅱ型5αリダクターゼの方は薄毛の気になる部分に存在するため、脱毛に大きな影響を与えます。

このⅡ型5αリダクターゼは男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な悪玉男性ホルモン(DHT)に変化させます。悪玉男性ホルモンは抜け毛を増やし、最終的には薄毛に繋がってしまいます。

この薄毛の原因である悪玉男性ホルモン(DHT)ですが、5αリダクターゼが通常の男性ホルモンと結合しなければ悪玉男性ホルモンにはなりません。

遺伝で受け継ぐのは「男性ホルモンと5αリダクターゼが結合しやすい体質であるかどうか?」です。

  • 結合しやすい体質であれば⇒悪玉男性ホルモンが作られやすい(薄毛・ハゲになりやすい)
  • 結合しにくい体質であれば⇒悪玉男性ホルモンは作られにくい(薄毛・ハゲになりにくい)

ということです。

また、Ⅰ型5αリダクターゼの分泌量の多さも遺伝で受け継ぎます

5αリダクターゼによって脱毛するメカニズム

前章でⅡ型5αリダクターゼは、男性ホルモン「テストステロン」をより強力な悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変換してしまうという事を解説しました。

そして、この悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプター(アンドロゲンレセプター)と結合すると、脱毛遺伝子と呼ばれる「TFG-β」が増殖します。

このTFG-βが毛根を攻撃して、髪の成長を抑えてしまうのです。

脱毛の過程をまとめると、以下の順番です。

  1. テストステロン+5αリダクターゼ⇒悪玉男性ホルモン(DHT)
  2. DHT+男性ホルモンレセプター=TFG-β
  3. 脱毛遺伝子「TFG-β」が毛乳頭に『髪の成長を妨害せよ!』と指令を出す。
  4. 髪の成長力が弱まり脱毛が進行する。

5αリダクターゼは遺伝する?欠損する場合もある?

5αリダクターゼは遺伝します。正確に言うと、5αリダクターゼの「活性力」や「分泌量」が遺伝します

薄毛(AGA)の原因はDHTですが、DHTはテストステロンが5αリダクターゼの影響を受けて変化したものです。

つまり、5αリダクターゼの活性力が高ければテストステロンに影響を与えやすくなります。また分泌量が多ければ、それだけテストステロンに影響を与えやすくなります。

ただ5αリダクターゼの遺伝子はX染色体に存在します。X染色体は母親から受け継ぐので、母方に薄毛に親族が多ければ、あなたにも遺伝している可能性があります。

5αリダクターゼ欠損症とは?

5αリダクターゼ欠損症は、性分化疾患の一つです。

性分化疾患とは先天的に「性の発達が非定型」にある状態をいいます。(*体の性に関する部分が男性か女性かはっきりと分からない状態。)

性の発達が非定型にあるとは、XY染色体を持っているのに女性型として生まれてしまうという事です。

(*男性はXY染色体を持ち、女性はXX染色体を持っています。)

通常であれば、生まれた瞬間に「男児」か「女児」かの判断ができますがこのような場合、陰茎がとても小さくて男児とは気が付かずに女性として育てられてしまうことが多いです。

そして、成長が進むにつれて少しづつ陰茎が大きくなるので男児であると気づきます。これは、Ⅱ型5αリダクターゼの異常により発症する常染色体劣性遺伝によって起こる症状です。

5αリダクターゼを抑制する方法5つ

5αリダクターゼを抑制することができれば、抜け毛を減らし、薄毛を改善することができます。

そこで、こちらでは5αリダクターゼを抑制す方法として

  1. 育毛剤を使用する
  2. 育毛シャンプーを使う
  3. 緑茶やウーロン茶を飲む
  4. 抑制効果のある食べ物を摂取する
  5. クリニックで薬を処方してもらう

の5つを紹介します。

5αリダクターゼを抑制する方法①育毛剤を使う

育毛剤には

  1. 髪の成長を促すタイプの育毛剤
  2. 抜け毛を抑制するタイプの育毛剤
  3. 「頭皮環境を整えるタイプの育毛剤

がありますが、5αリダクターゼを抑制するには「②抜け毛を抑制するタイプの育毛剤」を使うことをおすすめします。

そこで、「抜け毛を抑制するタイプの育毛剤」に含まれている抑制成分を紹介します。

育毛剤を購入する際の参考にして下さい。

育毛剤に含まれる抑制成分

薄毛の直接の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)です。

そして、5αリダクターゼがテステステロンに作用してDHTを作り出していることから、5αリダクターゼの働きを抑制すれば薄毛を予防、改善することができます。

そこで、こちらでは育毛剤に含まれている成分の中で、

  • 5αリダクターゼの働きを抑制する成分
  • DHTを作らせないようにする成分

を紹介します。

  • キャピキシル・・・ミノキシジルの3倍の発毛効果
  • エチニルエストラジオール・・・男性ホルモン濃度を低下させ、DHTの生成量を抑えます。
  • 冬虫夏草エキス・・・5α-リダクターゼを抑制する働きあります。
  • ノコギリヤシ・・・DHTの働きを抑制する働きがあります。
  • ヒオウギエキス・・・5α-リダクターゼ酵素の抑制効果を持っています。

育毛剤の使い方

育毛剤は夜、寝る前に使用するのが効果的です。

というのは、髪の成長に関係のある成長ホルモンが22時から2時頃までの間に最も分泌されるからです。

毛髪は毛母細胞が細胞分裂をして頭皮より出てきたものです。なので、毛母細胞の細胞分裂が活発になれば、髪の成長力も高まります。

成長ホルモンが最も分泌される時間帯(22時~2時)に合わせて育毛剤を使用した方が、より育毛剤の効果を引き出せるということですね。

また育毛剤を塗布する前には、シャンプーをして毛穴をキレイにしておきましょう。育毛剤は毛穴から浸透するので、毛穴の汚れを取っておくことは大切です。

そして、塗れた髪を乾かしてから塗布することが大切です。

髪の毛が濡れた状態で育毛剤を塗布すると、育毛剤が髪を伝ってしまい、頭皮へ塗布される量が減ってしまうからです。

このような理由から、育毛剤は頭皮と髪を乾かした状態で、寝る前に塗布するようにしましょう。

5αリダクターゼを抑制する方法②育毛シャンプーを使う

5αリダクターゼを抑制する方法に育毛シャンプーがあります。

5αリダクターゼは毛穴に溜まる皮脂に含まれることから、育毛シャンプ―で皮脂を取り除くことが有効です。

ただ皮脂には頭皮を防御する役割もあるので、取りすぎると余計に分泌量が増えてしまいます。

そこで適度な洗浄力を持つ育毛シャンプーで、過剰に分泌する皮脂を除去することが有効です。

育毛シャンプーに含まれる抑制成分

過剰に分泌される皮脂だけを取り除くには、アミノ酸系の洗浄成分を配合してあるシャンプーを選択しましょう。

石油系洗浄成分の「ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム」は、安価で洗浄力が強いので多くのシャンプーに利用されています。

ただ洗浄力が強すぎるので、必要な皮脂まで取ってしまいます。

そこで、適度な洗浄力の「ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンナトリウム」などを含むアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

アミノ酸系シャンプーは、直接的に5αリダクターゼを抑制するものではありませんが、過剰な皮脂を取り除くので、間接的に5αリダクターゼの分泌量を減らすことになります。

育毛シャンプーの使い方

育毛シャンプーは、成長ホルモンの分泌量が増える夜に行うのが効果的です。

頭皮を清潔に保つことで髪が成長するのを妨げないようにします。

またシャンプーは余分な皮脂を取り除くだけでなく、頭皮をマッサージして血行を促進することで髪の毛が生えやすい頭皮環境を整えます。

そのためににも育毛シャンプーを利用する際には、きめ細かい泡を作ることがポイントです。きめ細かい泡が余分な皮脂や汚れを包み込み、洗い流してくれます。

シャンプー剤をダイレクトに頭皮に付けるのではなく、手のひらの中で泡立ててから頭皮につけるようにしましょう。

また、シャンプーの前にブラッシングして頭皮の汚れを軽く取っておくことも有効です。

5αリダクターゼを抑制する方法③緑茶やウーロン茶を飲む

緑茶に含まれるカテキンは、5αリダクターゼの活性を抑制する働きがあります。そして、ウーロン茶にもカテキンが含まれているので5αリダクターゼの活性を抑制する働きがあります。

ただし、ウーロン茶は製造過程でカテキンの分子同士が結合する重合が起こります。そのためウーロン茶には「単分子カテキン」と「重合カテキン」の両方が含まれています。

一方で緑茶は「単分子カテキン」だけで成り立っています。

つまり、

  • 緑茶・・・・・単分子カテキン
  • ウーロン茶・・・単分子カテキン+重合カテキン

ということです。

そして、単分子カテキンと重合カテキンの違いは体内への吸収率で、単分子カテキンの方が体内への吸収率が高いので5αリダクターゼの抑制効果も高い言えます。

なので、緑茶の方が5αリダクターゼの抑制効果が高いと言えます。食事のときには、緑茶を飲む習慣をつけると良いですね。

(*ただし、食べ物の脂肪吸収を抑制するのは重合カテキンの方が効果が高いとされているので、ダイエット効果はウーロン茶の方が勝っています。)

5αリダクターゼを抑制する方法④抑制効果のある食べ物を摂取

5αリダクターゼを抑制する効果を持つ食べ物もあります。

主な食べ物として、こちらでは「亜鉛・ノコギリヤシ・アロエ・ラボン・みかん・イソフラボン」について、どのような効果を持ち、どのようあ食材に含まれているかを紹介しています。

亜鉛

亜鉛には5αリダクターゼの活動を抑制する効果があるので、薄毛(AGA)を予防、改善する効果が期待できます。

亜鉛は体内で作ることのできない栄養素なので食材から摂取する必要があります。また亜鉛は、体内で貯めておくことができないので、毎日、食事から摂る必要があります。

亜鉛は貝類、肉類、豆類に多く含まれています。例えば「レバー、牛肉、生ガキ、シジミ、タラバガニ」などがあります。

また亜鉛はビタミンCと一緒に摂ると吸収率が高まるので、より効果的です。。ビタミンCを含む食材には「かぼちゃ、ジャガイモ、ブロッコリー、パプリカ」などがあります。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシには、薄毛の原因物質のDHTを作るのに必要な5αリダクターゼの増加を抑えるので、必然とDHTが作られるのを抑えることになります。

ノコギリヤシは、北アメリカの南東部に分布するヤシ科の木に実る赤い果実から摂ることができます。

そして、原住民の食物となっていたのを前立腺肥大症による拝領障害の治療薬として利用されてるようになりました。

また、ノコギリ状の葉をつけることからノコギリヤシと呼ばれるようになりました。

他の食材からは摂ることができないので、ノコギリヤシ配合のサプリメントを利用するのが一般的です。

アロエ

アロエに含まれるアロエエキスには、5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

アロエは多肉植物群で日本普では「キダチアロエ」と「アロエベラ」が広く普及しています。

アロエベラはアロエヨーグルトに使用されているので食することができます。他にもアロエジュースなどがあり、簡単に体内に取り言えれることができます。

またキダチアロエは観葉植物として人気があります。アロエの生葉を火傷や切り傷などの患部に貼って使用されるのはこちらです。

他にも、アロエには「快便・消炎作用・アレルギー反応抑制作用・血糖値上昇の抑制作用」などがあるとされています。

みかん

みかんの皮に含まれる「d-リモネン」という成分に、抜け毛や薄毛の原因となる5αリダクターゼの活性を抑制する効果があります。

また、みかんを含む柑橘系の果皮には毛乳頭細胞を増殖させる育毛効果もあります。このことは社団法人北里研究所が発表しています。

このように、みかんの皮には「抜け毛予防効果」と「育毛効果」の両方の効果があります。

みかんの皮ってどうやって食べるの?と疑問に思うかもしれませんね。

実は、みかんの皮を「ジャム・はちみつ漬け・天ぷら・きんぴら」などにして食べることができます。

他にも「みかんの皮 レシピ」で検索するといろいろとでてきます。

みかんは実だけじゃなく、皮まで食べて育毛対策ですね。

イソフラボン

イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンを活性する働きがあり、男性ホルモンのテステステロンと5αリダクターゼが結合するのを防ぐ働きがあります。

これによって、テステステロンが薄毛の原因物質のDHTへ変換されなくなるので、薄毛を予防することができます。

イソフラボンは大豆に含まれる成分なので、豆腐、納豆、味噌などに含まれるので、毎日の食事から簡単に摂取することができます。

また、イソフラボンとカプサイシンを同時に摂取するとIGF-1という物質が増殖します。IGF-1は、毛母細胞の細胞分裂を活発にして発毛を促進します。

カプサイシンは唐辛子の辛味成分です。

イソフラボンと同時に摂取するには、「豆腐に豆板醤」を乗せたり「納豆キムチ」にしたり、「味噌汁に一味」を入れたりすることなどがあります。

5αリダクターゼを抑制する方法⑤クリニックで薬を処方してもらう

フィナステリドを抑える医薬品にプロペシアがあります。医薬品なのでクリニックで処方してもらう必要がありますが、とても効果が高いです。

プロペシアには5αリダクターゼⅡ型の働きを抑制する効果があります。

またプロペシアのジェネリック医薬品「フィナステリド」を利用すれば費用を抑えながら同等の効果を得ることができます。

また、5αリダクターゼ一Ⅰ型とⅡ型の両方に効果がある医薬品にザガーロ(成分:デュタステリド)があります。

プロペシアよりも効果は高いのですが、費用も高く副作用の可能性も高まります。どちらを選択するかは医師と相談して決めましょう。

これらの医薬品の、主な副作用に男性機能の衰えがあります。服用は医師に指示に従ってください。

5αリダクターゼを抑制するおすすめの育毛剤&育毛シャンプー

5αリダクターゼの活性を抑える成分「オウゴンエキス」を配合した育毛剤としてチャップアップをおすすめします。

また、育毛シャンプーには「みかんの皮」から抽出したチンピエキスを配合したヘアリプロをおすすめします。

上記での紹介したように、みかんの皮には5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

5αリダクターゼを抑制する育毛剤

チャップアップ

チャップアップには、5αリダクターゼの働きを抑制する「オウゴンエキス」が配合されており、薄毛予防に適しています。

イソフラボンが5αリダクターゼの働きを抑制することは、上記で説明した通りです。

さらに、チャップアップには5αリダクターゼの抑制成分の他にも、髪の成長を促す「FGF-5]という物質を増やす「ビワ葉エキス」も配合しています。

また血行を高め発毛を促進する「センブリエキス」も配合しており、薄毛予防と育毛効果の両方を合わせ持った育毛剤です。

他にも、頭皮環境を整える保湿作用や抗炎症作用を持つ55種類の植物エキスと15種類のアミノ酸を配合しています。

また香料、着色料、石油系界面活性剤、化学防腐剤、シリコンなどは含まれていないので、敏感肌の方にもお使いいただけます。
また、「ヒオウギ抽出液」には女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボン誘導体を多く含んでいます。

口コミ

  • 口コミ1

「半年ほど使用して、髪にハリとコシが出てきた気がします。髪にボリュームが出てきました。またトニック系の匂いもないのが良いです。」

  • 口コミ2

「使い始めてて3か月ですが、明らかに前髪にハリが出てきたと感じています。髪が太くなったのか地肌が見えづらくなりました。

ただ価格が少し高いと感じたので他の育毛剤に浮気をしてしまったのですが、1か月で元に戻ってしまいました。それで再度、チャップアップを購入しました。やはり効果がないと意味がないですから。」

などの口コミが見つかりました。

お二人とも1ヵ月~6か月くらいで変化を感じているようですね。

価格が少し高いと感じている方もいましたが、「費用対効果」には納得しています。

効果を感じない育毛剤を使い続けるのは「もったいない」ですからね。

まとめ

チャップアップは「抜け毛予防成分」と「育毛促進成分」が配合されておりオススメの育毛剤です。

口コミからも3か月~6か月くらいで効果を実感している方が多く、費用対効果に納得しています。

育毛剤選びに悩んだらチャップアップで決まりですね、

5αリダクターゼを抑制する育毛シャンプー

薬用スカルプシャンプー「ヘアリプロ」に配合されている「チンピオエキス」はみかんの皮から抽出されおり、5αリダクターゼの活性を抑える作用があります。

また、3種類のアミノ酸洗浄成分を配合することで洗浄力が弱いというアミノ酸系洗浄成分のデメリットを補っています。

強すぎる洗浄力は必要ありませんが、弱すぎても余分な皮脂を取り除くことができないですからね。

また泡立ちもよく、きめ細かな泡が頭皮の汚れを包み洗い流してくれます。

他にも、「ウメ果実エキス・シャクヤク抽出液・アシタバ抽出液・ハス種子乳酸発酵液」などの保湿成分も多く含まれており乾燥から頭皮を守ってくれます。

適度な洗浄力と泡立ちの良さを持ち、育毛に適した頭皮環境を整えることができるヘアリプロはおすすめの育毛シャンプーです。

口コミ

「泡立ちが良く油が落ちる感じです。使用感はスッキリして良いです。今後も購入したい」。

「髪の毛が少し寂しくなってきたので使用しています。抜け毛が少なくなった様に感じています。」

「使ってすぐに、違いがわかりますね。このシャンプーを使ってからべた付きや抜け毛が減りました。」

口コミからは、「ベタつきがなくなり、抜け毛が減った」というものが多いです。

少し匂いがついていることについては好みが分かれるようですが、「気にならない」という方の方が多いようです。

価格についても「育毛シャンプーが多少高めなのは仕方ない」と納得の様子です。

まとめ

ヘアリプロは、過剰な皮脂をしっかりと洗いながしてくれ、使用感もさっぱりして良いという口コミが多いです。

それでいてパサつきもなく満足感が高いのが特徴です。

価格についても、「育毛シャンプーなので納得」というものがほとんどです。

育毛に適した頭皮環境を整えるためにも、育毛シャンプーは必須です。中でも「ヘアリプロ」は満足感が高くおすすめです。

5αリダクターゼを抑制して薄毛の悩みを解消

物質であるDHT(ジヒドロテステステロン)の生成に大きく関係しているのが5αリダクターゼです。

ということから、5αリダクターゼを抑えることが薄毛対策にとても重要なことだと言えます。

そこで、5αリダクターゼの活性を抑える方法として、

  • 育毛剤を使う
  • 育毛シャンプーを使う
  • 緑茶やウーロン茶を飲む
  • 抑制効果のある食べ物を食す
  • クリニックで医薬品を処方してもらう

の5つ方法を紹介してきましたが、やはり一番におすすめするのは「クリニックで薬を処方してもらう」ことです。

なぜなら5αリダクターゼを抑制する効果が最も高いからです。万が一薬による副作用の症状が出てもすぐに専門医に相談ができるので安心ですし、医師の指示に従って服用していれば副作用がおきる可能性も低くなります。

それでもクリニックで薬を処方してもらうことに抵抗を感じるなら、他の4つの方法を試してみましょう。