髪の毛の少ない人がするべき5つの対策を解説!おすすめの髪型も紹介

髪の毛の量が少なくスカスカにみえる、ボリュームが出ずぺたんこになるなどで困っていませんか。

髪の多寡は見た目の印象を大きく変えます。豊かな量があれば若く見える一方、少なければ実年齢より老けて見えがちです。

なんとかしたいと思いながら、どうしてよいかわからない人は多いのではないでしょうか。そこで、ここでは髪の毛の少ない人がとるべき5つの具体的な対策を解説します。

髪の少なさをカバーする髪型も紹介します。ぜひ参考にしてください。

髪の毛が少ない原因は?

髪の毛の量が少なくなる原因は1つではなく、複数が絡んでいるケースも珍しくありません。まずは、髪の毛が少なくなる主な原因を知っておきましょう。

ここでは、男女共通と男性・女性別によくある原因を解説します。

男性・女性に共通する原因とは

髪の毛が少なくなる原因には、男性によく見られるもの、女性によく見られるもの、男女に共通してよく見られるものがあります。

まずは性別に関係なく髪の毛が少なくなる原因4つを詳しく説明します。

原因①生まれつき髪の量が少ない・細い・髪質が柔らかい

毛穴の数は、生まれつき決まっています。成長に従って増えることはなく、生涯一定の数です。個人差はあるものの、人によって毛穴の数が大きく異なることはありません。

一方、1つの毛穴から生える髪の数は異なり、1本の場合もあれば3本の場合もあります。1000個の毛穴でみると、その差は1000本と3000本で大きな違いです。

髪が細いか太いかも重要です。細く柔らかい髪の場合、太く丈夫な髪に比べて髪の量が少なく見えてしまうでしょう。剛毛か軟毛かの髪質も、生まれつき決まっています。

原因②加齢

髪には「生えて成長し、抜けた後に再び生えてくる」一定の成長リズムがあり、毛周期(ヘアサイクル)と呼ばれています。

ヘアサイクルは、年齢を重ねると次第に乱れがちになります。髪が成長する期間が短くなり、十分太くなる前に抜け落ちるようになるのです。

次に生えてくるまでの期間は長くなり、毛穴から生える本数も少なくなるため、全体として毛量が減少します。

頭皮も、若いころのような瑞々しい柔らかさを失い、硬くなることが多いです。頭皮が硬くなると血行が悪くなり、髪に栄養が行き届かずに丈夫に育ちづらくなります。

髪の毛にハリやコシがなくなるのでボリュームがでず、毛量の減少と相まってますます地肌が目立つ貧相な状態になるのです。

原因③生活習慣や食生活の乱れ

生活習慣や食生活も髪の状態に大きく影響を与えます。不規則な生活が続くと、質の良い睡眠を十分にとれません。睡眠不足が続くと、自律神経の乱れを招きます。

自律神経とは、活動を司る交感神経と休息を司る副交感神経のことです。この2つが交互に切り替わることで身体はうまく機能しています。

自律神経の切り替えリズムが崩れ、交感神経が優勢な状態が続くと、就寝時でもリラックスできなくなります。

リラックスできない身体は緊張状態が続き、血流が悪くなります。すると、毛母細胞に栄養が届きづらくなり、髪が弱るのです。

食生活が乱れ、必要な栄養素が不足したときも、髪はうまく成長できずに薄毛を招きます。

原因④ストレス

精神的なストレスも髪の大敵です。過度のストレスは睡眠不足と同じように自律神経を乱しやすく、筋肉の過緊張状態を招くため全身の血行不良を起こします。

頭皮の血液の流れが悪くなれば、髪のもとである毛母細胞に十分な栄養が届き届きません。栄養が不足した髪は弱って抜けやすくなり、新しい髪の毛も生えづらくなります。

さらに、ストレスの蓄積はホルモンバランスを乱すため、男性ホルモンの分泌量が相対的に多くなることがあります。

男性ホルモンが増えると皮脂の分泌量が多くなります。皮脂が多いと、頭皮がべたつくだけでなく、毛穴詰まりや雑菌の繁殖なども招きかねません。

頭皮環境が悪くなれば、それだけ髪が抜けやすくなり、結果的に薄毛につながります。

男性に多い原因とは

ここからは男女別に薄毛の原因を紹介します。男性の薄毛は「AGA」が原因であるケースが多く、日本人男性の発症頻度は約3割とされます。

このほか、薄毛になりやすい習慣として女性より男性に多く見られるのが「喫煙」です。

原因①AGA

男性の髪が少ない原因として最も多いのは、AGA(男性型脱毛症)です。悪玉男性ホルモンのDHTがヘアサイクルを乱すことで起こります

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼと結びついて生成される物質です。これが毛根組織内にある器官・毛乳頭と結合すると脱毛因子を発します。

脱毛因子の作用により、これから太く丈夫に成長する予定だった髪が抜けてしまい、次の髪の毛もなかなか生えてこなくなります。

結果、全体の毛量が減少するうえに、残った髪も細く弱々しい髪ばかりで地肌が目立つようになるのです。AGAは進行性の脱毛症のため、対処しなければ髪はどんどん減り続けます。

原因②喫煙

厚労省によると、習慣的に(毎日・時々)煙草を吸う人の割合は全体の16.7%です。男女別では、男性27.1%、女性7.6%で、男性のほうが喫煙者が多いです。

喫煙で特に問題なのがニコチンです。ニコチンを摂取すると血管が収縮し、血行が悪くなります。すると、身体細部に十分な酸素や栄養が送り届けられなくなるのです。

髪も栄養不足となって、丈夫に育ちにくくなり、次の髪もなかなか生えてきません。煙草の煙に含まれる一酸化炭素も、血液による酸素の運搬を阻害します。

ニコチンや一酸化酸素などの有害物質は、喫煙者が吸い込む主流煙より先端から出る副流煙に多く含まれます。

本人が非喫煙者でも、家族など周囲に喫煙者がいる場合は影響を受けている可能性があり、注意が必要です。

女性に多い原因とは

薄毛は男性に多い悩みと思われがちですが、実際には年齢にかかわらず髪の毛が少ないと悩む女性もたくさんいます。

ここでは、女性が薄毛になる主な原因である「ホルモンバランスの乱れ」「パーマやカラー」「ヘアスタイル、ヘアアレンジによるダメージ」について、詳しく解説します。

原因①ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。このうち、エストロゲンは女性らしい身体づくりをサポートする役割を持ち、髪の発達や成長も司っています。

エストロゲンが順調に分泌されている間は、髪も問題ありません。

何らかの理由でエストロゲンの分泌量が減ると、ヘアサイクルのリズムが乱れます。髪が十分成長する前に抜けたり、髪が太く丈夫にならず弱々しい状態のままになったりします。

抜け毛が増える、密度が下がって地肌が透けてみえるようになる、全体のボリュームがダウンするなどの変化が出始めるのです。

女性ホルモンのバランスが乱れる原因には、加齢のほか、過剰なストレスや睡眠不足、過度なダイエットなどがあります。

原因②パーマやカラーによるダメージ

パーマやカラーリングを楽しむ女性は多いでしょう。これらは、少なからず髪に負担を与えています。

たとえば、パーマは毛髪内部のたんぱく質の結合をいったん切ったうえで薬剤で再結合し、髪にカールやウェーブをつけたりまっすぐにしたりするものです。

カラーリングは、キューティクルをこじあけて薬剤を浸透させ、髪のメラニン色素を脱色し、さらに染料で髪に色を付けます。

どちらも髪へのダメージは避けられません。カラーリング剤に含まれるジアミンで、頭皮に炎症が起きるケースもあります。

パーマやカラーに使う薬剤が抜け毛の直接的な原因になることはありません。とはいえ、傷んだ髪は栄養や水分が流出してやせ、弱くなるので途中から切れたりします。

薬剤が頭皮について荒れれば、結果的に髪の健やかな成長も妨げるでしょう。このようなことから、髪の毛が少なくなる恐れがあります。

原因③ヘアスタイル、ヘアアレンジによる負担

長い髪をいつも後ろできつめに結っていたり同じ個所で分けていたりすると、同じ個所に継続して負担がかかり、生え際や分け目の髪が抜けて薄くなることがあります。

髪の根元が傷んで切れたり抜けたりし、毛穴もダメージを受けるため次の髪がなかなか生えてこなくなります。

エクステをつけている場合も注意が必要です。エクステをつけた髪は、常に重さがかかり引っ張られる状態となります。

その日のうちに外せばあまり問題はないものの、エクステは通常1~3カ月ほどつけ続けます。その間ずっと頭皮と髪に負荷がかかり続けるため、抜けるリスクが高まります。

髪の毛が少ない人がするべき対策5つ

髪の毛が少ない主な原因が分かったところで、次はとるべき5つの対策を紹介します。

いずれの対策も、すぐに変化が実感できるものではありません。継続が大切です。根気強く取り組みましょう。

対策①シャンプーを変える

髪が少ない人がまず見直すべきポイントは「シャンプー」です。洗髪は毎日のようにするため、シャンプーが髪や頭皮に与える影響は小さくありません。

洗浄力が強いシャンプーを使っていると、洗い上がりはさっぱりしますが、頭皮や髪を保護する皮脂まで取り除く恐れがあります。

油分がなくなった肌は乾燥し、バリア機能が低下して荒れやすく、血行も悪くなります。頭皮の血行が悪いと栄養が届きづらくなるため、髪の成長を妨げるでしょう。

市販の安価なシャンプーは、洗浄力が強すぎる恐れがあります。洗浄力がマイルドで刺激が少ないシャンプーに変えましょう。

男性におすすめのシャンプー:SIMFORT

SIMFORT

SIMFORTは髪の悩みを抱えがちな40~50代男性に高い人気を誇るスカルプケアシャンプーで、高濃度炭酸泡で出てくるのが大きな特徴です。

メインの洗浄成分はマイルドな洗浄力のアミノ酸系界面活性剤のため、肌への負担も少なく髪の少ない人も安心して使えます。

洗浄力のマイルドさを補うのが、高濃度炭酸泡の吸着力です。通常のシャンプーでは落としづらい毛穴周りの汚れも吸着し、すっきりした洗い上がりをサポートします。

炭酸の刺激によるマッサージ効果で頭皮の血行促進も期待でき、7つの保湿成分が頭皮環境を整えます。

購入するなら、お得なスカルプケア定期コースがおすすめです。通常価格8,778円(税込)が初回は1,980円(税込)、2回目以降も32%offで購入できます。

女性におすすめのシャンプー:サボンモーヴ

サボンモーヴ

サボンモーヴはフランスのコスメ業界で大きな賞を受賞した実力派のスカルプケアソープです。固形石鹸のため、よく泡立てて使いましょう。

低刺激で適度な洗浄力を持つ洗浄成分を配合し、さらにレッドクレイの吸着力で毛穴の汚れも取り除きます

アルガンオイルやブドウ種子ポリフェノールなどの保湿成分が髪や頭皮を潤し、洗い上がりはしなやかです。リンスやコンディショナーは不要です。

髪が少ない女性は、美容液カンテサンスもセットで使うのがおすすめです。有効成分が髪の根元に届きます。

試してみたい方は、「はじめての石鹸チャレンジセット」に申し込みましょう。サボンモーヴとカンテサンスがセットになって、初回特別価格2,960円(税込)で購入できます。

対策②食生活を改善する

栄養が不足すれば、身体は丈夫に成長しません。髪も同様です。

忙しくて3度の食事をおろそかにしていたり無理なダイエットをしていたりすれば、栄養が不足して髪が健やかに伸びません。

髪が少ない人はバランスのとれた食生活を意識しましょう。特に髪の成長に必要なのは良質なたんぱく質、ビタミン類、亜鉛などのミネラルです。

とはいえ、特定の栄養ばかり摂取すると、かえって全体のバランスが崩れます。炭水化物や脂質も合わせ、五大栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

何を食べようか迷ったら、一汁三菜がそろった和食が良いでしょう。ヘアケア用のサプリメントを活用するのも、手軽に必要な栄養が摂れるためおすすめです。

男性におすすめのサプリメント:SHEEサプリメント

SHEEサプリメント

SHEE+サプリメントは、医師が監修し、実際に医療機関でも取り扱っているへアケア用サプリメントです。

主な成分として、次の3つが配合されています。

  • ヒハツエキス(血行を良くする)
  • ビュリクシール(根本原因に作用する)
  • 亜鉛酵母・銅酵母(髪の合成に不可欠)

それぞれ推奨量いっぱいまで配合しており、サプリメントを飲むだけで必要量を摂取できます。

髪が少ないと頭皮や髪のケアに意識が行きがちです。サプリメントで身体の内側からもケアすると良いでしょう。

1箱定期お届けコースなら買い忘れの心配がありません。通常12,960円(税込)が9,990円(税込)で購入でき、非常にお得です。

女性におすすめのサプリメント:マイナチュレ(サプリ)

マイナチュレ

女性用育毛剤で高い人気を誇るマイナチュレのサプリメントです。女性に必要な成分が厳選されてバランスよく配合され、手軽に必要な栄養を摂取できます

ケラチンやシスチンなどのアミノ酸が髪を作り、亜鉛や銅、ビタミン類がサポートするため、髪の毛が少ない女性におすすめです。

コラーゲンやヒアルロン酸などの成分が配合されている点も、女性にとって嬉しいポイントでしょう。

サプリメントは、効果を実感するまでに最低3カ月は継続が必要です。購入するなら毎月自宅に届く定期コースがおすすめです。

1袋(約1カ月分)で通常価格7,285円(税込)のところ、定期コースは6,374円(税込)で購入できます。

対策③生活習慣を見直す

髪の健やかな成長のためには、規則正しい生活と十分な睡眠も欠かせません。

不規則な生活が続くと自立神経やホルモンバランスが乱れ、血行不良や女性ホルモンの不足が起こって薄毛を助長する恐れがあります

睡眠中は、髪の発毛や成長を助ける成長ホルモンが分泌されます。睡眠が足らなければ成長ホルモンが十分に分泌されず、髪が十分育ちません。

日々の生活に運動をとりいれるのもおすすめです。全身の血行が良くなるほか、ストレスの解消につながり、適度な疲労で就寝しやすくなるなど、髪にとっても良いことづくめです。

対策④育毛剤を利用する

髪の毛が少ない人は、育毛剤も活用すると良いでしょう。育毛剤は、今ある髪が元気に育つように、土台となる頭皮の環境を良好な状態に導くものです。

血行を促す、フケやかゆみを抑えて地肌の清潔な状態を維持するなどの働きにより、頭皮環境を改善します

髪が健康に育てばハリやコシが生まれます。密度があがりボリュームも出るので、薄毛をカバーできるでしょう。頭皮環境が良ければ、新しい髪も生えやすくなります。

ただし、育毛剤は大量につければ効果が上がるものではありません。用量を超えて使用すると、肌荒れして育毛を阻害することもありえます。

用量を守って使用しましょう。すぐに変化は実感できないため、3~6カ月は継続して様子を見ましょう。

男性におすすめの育毛剤:Persona

Persona

髪の毛が少ない人の中は、どんな育毛剤が良いのかかわからない人も多いのではないでしょうか。育毛剤を適当に選んで使ったものの、合っていなくて効果がでなければ、非常にもったいない話です。

その点、Personaなら悩む必要はありません。最初に遺伝子検査を実施し、判明した薄毛リスクに合わせて最適な育毛剤を届けるシステムだからです。

通常なら27,280円(税込)かかる遺伝子検査が、今ならキャンペーン中で無料で受けられます。定期コースにすれば14,080円(税込)が初回5,480円で購入可能です。

お得に検査が受けられ育毛剤が手に入るチャンスです。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

女性におすすめの育毛剤:Plimist

Plimist

Plimistは、女性の育毛に特化した頭皮専用の美容液です。生薬配合で地肌に働きかけ、血行を促すことで頭皮環境を整えるサポートをします。

スプレータイプで髪の毛が少ない部位にピンポイントで使用でき、使い勝手が良いのも嬉しいポイントです。

女性の場合、「いかにも」なパッケージの育毛剤を使うのに抵抗がある人も多いでしょう。

Plimistは、爽やかなグリーンに白地のロゴが入ったおしゃれなパッケージです。どこに置いても恥ずかしくありません。安心して毎日使用できるでしょう。

期間限定でキャンペーンを実施中です。通常価格7,678円(税込)のところ、定期便にすると、初回限定で約27%offの3,278円(税込)で購入できます。

対策⑤頭髪専門クリニックで治療を受ける

男性に起こるAGAの進行を止めるには、原因であるDHTを抑制する必要があり、セルフケアでは対処できません

クリニックを受診して適切な治療を受ける必要があります。最も一般的な治療は薬物治療です。以下の2つを主軸に治療を行います。

  • DHTを抑える薬(フィナステリドなど)
  • 発毛を促す薬(ミノキシジル外用薬など)

女性はAGAにはならないものの、複数の原因が絡み合って薄毛になるケースも多く、クリニックを受診するのがおすすめです。

一般的な皮膚科でも治療を受けられますが、できる治療は限られるため、頭髪専門クリニックの受診が望ましいでしょう。さまざまな治療法のなかから自分に合ったものを選べます。

初回相談は無料のところが多いので、まずは相談だけしてみるのも良いでしょう。

男性におすすめクリニック:AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリックは、AGAをはじめとした薄毛治療に特化したクリニックです。東京の秋葉原とさいたま市に診療所があります。

髪の毛が少ないことは非常にセンシティブな悩みです。AGAクリニックは、患者の気持ちに寄り添った親身で丁寧なカウンセリングが高く評価されています

院内に40を超える個室があり、患者はすぐに個室に通されます。共通の待合室などはないため、ほかの患者と顔を合わせる心配がありません。

薄毛治療は自由診療で、クリニックによって治療費の額が異なります。AGAクリニックは良心的な料金設定で、標準的なプランの場合、月々の薬代は15,000円程度です。

遠方に住んでいる場合は、専用アプリをDLしておけばオンライン診療も利用できます。相談は無料です。まずは気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

女性におすすめクリニック:AGAスキンクリニックレディース院

AGAスキンクリニックレディース院

AGAスキンクリニックレディース院は、女性の薄毛に特化したクリニックです。患者は女性のみのため、治療に訪れて男性と顔を合わせる心配がありません。

提携院を含めると全国に50院以上を展開し、さらにオンライン診療も実施しており、治療を継続しやすいでしょう。

髪の毛が少ないといっても、女性が薄毛になる原因はさまざまです。

AGAスキンクリニックでは、丁寧なカウンセリングを元に、発毛薬や注入療法、サプリメントなどの方法の中から、症状や原因に合った治療方法を提案しています。

カウンセリングは無料で、治療内容や費用の折り合いがつかないときは治療を受けなくても問題ありません。ひとりで悩まず、まずは気軽に相談してみましょう。

髪の毛が少ないメンズにおすすめ!髪型3つを紹介

髪の毛の少ない人がセルフケアや治療を始めても、すぐに毛量が増加するわけではありません。スタイリングが決まらず、ぺたんこの髪に悩んでいる男性も多いでしょう。

薄毛でも髪型次第で目立たなくすることは可能です。そこで、髪の毛の少ないメンズにおすすめの髪型を紹介します。

おすすめ髪型①ツーブロック×アップバング

髪の毛が少ないのをごまかすために、長く伸ばすのは良くありません。長い髪はセットするのが難しいうえ、かえって薄いのが悪目立ちする可能性高いからです。

はやりのツーブロックでおしゃれに決めましょう。えり足とサイドは短くすっきりとさせ、上は適度な長さを残すのがおすすめです。視線が上に行き、全体の髪の薄さが目立ちません

ツーブロックにしたうえで、前髪を立ち上げるアップバングにすると爽やかな印象です。

以下に例をお見せします。

https://twitter.com/HavanaShibuya/status/1320572459062489089

おすすめ髪型②ツーブロック×パーマ

上記のようにツーブロックにしたうえで、全体にふんわりとしたパーマをかけるのも、スタイリッシュに決まります。髪の毛が少ない人におすすめのスタイルです。

ふんわりしたパーマでボリュームがアップし、髪の薄さがカバーできます。ただし、先に述べたように、何度もパーマをかけると髪が傷みやすいため注意が必要です。

髪質を良く知るかかりつけの美容室でよく相談し、問題がなければパーマをかけると良いでしょう。

以下に例を紹介します。

おすすめ髪型③エアリーショート

髪の毛が少ないなら、長く伸ばすのではなく、逆にショートスタイルにするのもおすすめです。全体を短くすることで髪の薄さが目立たなくなり、爽やかな清潔感もあります

髪は短く刈り込むのではなく、ふわりとエアリーなニュアンスを残しましょう。束を作り、それぞれの毛先を散らすのがポイントです。

髪の方向をばらばらにすることで、軽やかで垢ぬけた印象になるうえ、密度の低さもごまかせます。

以下にこのスタイルの例をお見せします。

髪の毛が少ない女性におすすめ!長さ別に髪型紹介

女性はヘアアレンジのパターンが多く、髪の薄さをごまかせるおしゃれな髪型もたくさんあります

ここでは、ロング・ミディアム・ショートと髪の長さ別に分けておすすめの髪型を紹介します。

おすすめ髪型①ロング×ゆるふわウェーブ

ロングヘアにしたい女性は、ゆるやかなウェーブをかけたスタイルがおすすめです。

ウェーブによってふんわりとボリュームがでて、髪の毛の少なさ、全体的な薄さが気になりません。愛らしく女性らしいスタイルで、男女問わず良い印象を与えるでしょう。

前髪を作らないロングヘアは大人っぽく、落ち着いた印象を与えます。前髪を作る場合は、まっすぐおろすより斜めに流すのがおすすめです。髪の量の少なさをカバーできます。

おすすめ髪型②ミディアム×ふんわり内巻き

髪の毛が少なく、髪質も細い女性がミディアムにするなら、毛先をふんわりカールさせた内巻きスタイルがおすすめです。

毛量が少なく髪の細い女性がストレートにすると、あまりボリュームがでず、やや寂しい印象になりがちです。

毛先にかけてレイヤーを入れ、ふんわりカールさせて動きを出すことで、寂しい毛量がカバーできます

ふんわり内巻きさせたミディアムは、どの年代の女性にも似合う大人かわいい髪型でおすすめです。

実際の例を紹介します。

おすすめ髪型③エアリーショート

髪の毛は意外と重いものです。長く伸ばしていると、細くハリのない髪は自重でぺたんこになりやすく、実際以上に髪が少ないように見えかねません。

分け目を同じにしていると、その部分がひっぱられて抜けて薄くなる可能性もあります。そこで、ショートにしてみるのも良いでしょう。

丸みのあるショートスタイルにして毛先に遊びを持たせると、毛量の少なさがカバーできます。可愛らしく軽やかなスタイルです。

以下に実際の例を紹介します。

まとめ:髪の毛が少ない人は適切に対策してカバーしよう

髪の毛が少ないのは、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、加齢などさまざまな原因が考えられます。男性はAGAが原因であることも多いです。

まずは使っているシャンプーや生活習慣・食生活の乱れを見直し、髪が健やかに育つ頭皮環境を整えましょう。育毛剤の活用もおすすめです

AGAの場合はセルフケアでは脱毛を止められません。実績のあるクリニックを受診しましょう。女性の場合も、薄毛を改善するなら治療を受けるのがおすすめです。

生まれつきや加齢が原因の場合も、髪が元気になればハリやコシが出てボリュームアップするので、髪の毛が少ない印象をカバーできます。

髪の少なさは、髪型次第で目立たないようにすることも可能です。ぜひ自分に似合う髪型を見つけてください。