ハゲはじめこそ回復のチャンス!必ずやるべき最新対処法6つ

ハゲはじめアイキャッチ

ハゲはじめに気づいてしまった時は、男性なら誰もがショックを覚えます。しかし、ハゲはじめに気づいた時点で適切な対策を講じることで、本格的なハゲになるのを防げます。

この記事では、ハゲはじめに気づいた時点ですぐにできる対策をわかりやすく説明します。最後まで読んでいただくと、どのようにすれば本格的なハゲにならずに済むのかがわかります。

ハゲはじめにやるべき最新対処法6つ!M字ハゲだって改善

 ハゲの原因はいろいろありますが、ハゲの大きな原因としては、遺伝と頭皮の血行不良、生活習慣の3つが挙げられます。

ハゲは遺伝するため、体質的にハゲやすい人が存在しますが、「遺伝だからどうしようもない」とあきらめる必要はありません。適切なケアをすることで、M字ハゲも改善できます。

頭皮の血行不良も適切なケアをすることで改善できますし、生活習慣を意識して変えることで、ハゲを克服できます。

ここでは、ハゲはじめの最新対処法を6つ紹介します。

ハゲはじめの最新対処法①食生活を改善する

ハゲはじめには、バランスの良い食事を摂ることが基本です。ただし、脂肪分が多い食品の摂取はなるべく控えるようにしましょう。

脂肪の摂取量が増えると、頭皮の下にある皮脂腺から皮脂が大量に分泌され、毛穴が詰まってハゲの原因になります。

脂肪分が多く含まれている食品には、牛肉や生クリームなどがあり、ドレッシングにも脂肪がたくさん含まれています。これらの食品を食べ過ぎるとハゲの原因になりますので、ハゲはじめてきた時は、摂取を控えるようにします。

髪はタンパク質からできているので、肉類を全く摂取しないというのも良くありません。鶏肉は脂肪分が少なく、良質なタンパク質やビタミンB群、亜鉛などが含まれているので、ハゲはじめの方におすすめです。

ハゲはじめの最新対処法②質の良い睡眠をとる

 生活習慣の乱れはハゲの原因になります。夜更かしをして睡眠不足の状態が続くと自律神経のバランスが崩れ、毛髪の成長を促進する成長ホルモンが十分に分泌されなくなります。

また、睡眠不足で自律神経のバランスが崩れると、副交感神経よりも交感神経の方が優位になり、ストレスの蓄積につながります。

ストレスが溜まると血の巡りが悪くなり、毛髪の健やかな成長が阻害されてハゲが進行します。

ハゲはじめの時は夜更かしは禁物で、質の高い睡眠を取ることで自律神経のバランスが整い、毛髪が健やかに成長するようになってきます。

ぐっすり眠るだけでハゲの改善になりますので、良質な睡眠を取ることはお金をかけずにすぐに始められる有効なハゲ対策です。

ハゲはじめの最新対処法③シャンプー・リンスを変える

普段使っているシャンプーやリンスがハゲの原因になることがあります。ハゲを改善するには、シャンプー・リンスの選び方も重要になってきます。

市販されているシャンプー・リンスの多くは、髪のキューティクルを保護するために、シリコン成分が多く配合されています。洗髪の際にシリコンが頭皮に残ってしまうと毛穴に詰まり、髪の成長に悪影響を与えます。

シリコン系のシャンプーの使用がハゲの原因になることがあるので、ハゲはじめに気づいた時には、男性向けの育毛シャンプーの使用をおすすめします。

育毛シャンプーはいろいろな商品が販売されていますが、アミノ酸系とベタイン系のものが多いです。いずれも低刺激で頭皮にダメージを与えないため、ハゲの進行を食い止めてくれます。

育毛シャンプーを使用すると、育毛剤と同じように頭皮環境が良くなり、髪が生えやすい状態になってきます。発毛剤のような発毛効果は期待できませんが、育毛効果は期待できます。

スカルプシャンプーも低刺激で頭皮環境の改善に役立ちますので、ハゲはじめの方には最適です。育毛シャンプーやスカルプシャンプーは普通のシャンプーよりも値段は少し高いですが、ハゲの改善に貢献します。

ハゲはじめの最新対処法④育毛剤を使用する

ハゲの症状がひどくなると、AGA治療薬でないとハゲを治すことが難しくなってきますが、ハゲはじめの段階であれば、育毛剤を使用すると、これ以上のハゲの進行を食い止められる可能性が期待できます。

ハゲの原因として頭皮の血行不良が挙げられますが、育毛剤は頭皮環境を改善させる成分が配合されており、血の巡りが良くなって髪に十分な栄養が行き渡るようになります。

育毛剤はいろいろな商品が販売されており、ドラッグストアやネット通販などで手軽に購入できます。店頭では、薬剤師や登録販売者に相談すると、商品説明をしてもらえます。

AGA治療薬は健康保険が適用されないため高額ですが、育毛剤は手頃な価格で販売されていますので、AGA治療薬と比べると購入しやすい点がメリットです。医薬品ではないので、医師の処方箋も不要です。

ハゲはじめにおすすめの育毛剤の選び方は?

育毛剤に配合されている成分は商品によって違いがありますが、主に、頭皮環境を改善させる成分が含有されています。

育毛剤に配合されている成分のうち、亜鉛やアスコルビン酸、アセチルグルコサミンが効果的です。アロエエキスやイチョウ葉エキス、海藻エキスなどの自然由来の成分を配合している育毛剤も人気があります。

ハゲはじめの最新対処法⑤発毛剤を使用する

 発毛剤は育毛剤と混同されることがありますが、発毛剤と育毛剤は期待できる効能に違いがあります。

育毛剤は頭皮環境を改善することにより、ハゲの進行を食い止める効果が期待できますが、発毛剤は頭皮の血行を良くする「ミノキシジル」という成分が配合されており、発毛を促進する効果が期待できます。

育毛剤はハゲの進行を食い止めるだけで、新しい毛が生えることまでは期待できませんが、発毛剤は新しい毛が生える効果が期待できるため、ハゲはじめで少し症状が深刻な方に向いています。

発毛剤に配合されている「ミノキシジル」という成分は、クリニックで処方されるAGA治療薬と同じ成分であり、発毛成分として厚生労働省から認可されています。

発毛剤を頭皮に塗ると、含有されているミノキシジルの働きで頭皮の血行が良くなり、髪が生える元である毛包が活性化します。毛包の働きが活性化することで、新しい毛が生えるというメカニズムです。

発毛剤はAGA治療薬と育毛剤の中間的な位置づけの第一類医薬品です。ドラッグストアやネット通販で購入できますが、いずれの場合も薬剤師から商品説明を受けたうえで購入し、用法用量を守って使用するようにします。

ハゲはじめの最新対処法⑥クリニックで薬を処方してもらう

ハゲはじめでクリニックに行くにはちょっと抵抗がある…という方もいらっしゃるかもしれませんが、クリニックでの治療もハゲはじめのほうが効果があります。 

遺伝が原因で体質的にハゲやすい人は、体内にある「5αリダクターゼ」 と呼ばれる酵素の働きが強い傾向があります。そういう方は、放っておいてもハゲは進行するばかりなので、ハゲはじめの時点で受診するほうが結果的に安くつく可能性が高いです。

「5αリダクターゼ」 は男性ホルモンに働きかけ、毛髪の成長を抑制するDHT(ジヒドロテストステロン )と呼ばれる男性ホルモンに変換させます。

生まれつき、「5αリダクターゼ」 の働きが強い方はハゲやすいわけですが、薬で「5αリダクターゼ」 の働きを弱めることでハゲを治療することが可能です。

「5αリダクターゼ」 の働きを弱めて、男性特有のハゲであるAGAを治療する薬のことをAGA治療薬といい、AGA治療薬はクリニックで処方してもらえます。

「5αリダクターゼ」 の働きを弱めるAGA治療薬には、フィナステリドとデュタステリドがあり、ミノキシジルというAGA治療薬は毛包を活性化させ、毛髪の成長を促進する働きがあります。

AGA治療薬はハゲの治療効果がありますが、副作用もありますので、医師の指導に従って、適切に服用することが必要です。

ハゲはじめちゃった人を徹底調査!年齢は?生え際からハゲた?

ハゲはじめ年齢

 ハゲはじめの年齢やハゲの箇所は個人差があるので、人によってまちまちです。しかし、ハゲはじめに気づいた時には他人のハゲのことがどうしても気になってしまいます。

個人ブログや2chなどの掲示板の書き込みから、ハゲはじめた年齢やハゲの箇所、予防法を徹底的に調査しました。

ハゲはじめた年齢は?20代でも禿げた?前からハゲてた?

 ハゲはじめの年齢は30代になってからが最も多いようです。10代後半や20代でハゲはじめる人もいますが、30代になってからハゲが気になる人が急増します。

20代後半から老化が徐々に進行しますので、ハゲやすい体質の方は20代後半~30代になるとハゲが顕在化してきます。10代~20代前半は髪の毛がふさふさだったのに、20代後半~30代になると急にハゲてきた人も存在します。

ハゲやすい体質の方は、20代後半になったら、何らかの対策を講じた方が良いでしょう。

ハゲはじめは生え際(M字ハゲ)?頭頂部?

 ハゲはじめは生え際(M字ハゲ)が多いようです。これは、生え際は鏡を見て自分で確認できるからだと思われます。洗面所で顔を洗っている時に、生え際が後退していることに気づく人が多いです。

頭頂部のハゲは自分で確認することは難しいですが、美容室や床屋に行った時に発覚したり、親しい友人から指摘されて発覚することが多いです。

頭頂部のハゲは、自分では気づかないうちに進行していることがあるので注意してください。

ハゲはじめる前にやっていた予防法ってある?

多くの方はハゲはじめに気づいてから予防法を実践することが多く、ハゲはじめる前から予防法を実践している人は少ないようです。ハゲやすい体質の方は、早いうちから予防法を実践しておいた方が良いでしょう。

最も多い予防法は育毛シャンプーや育毛剤の使用です。育毛シャンプーや育毛剤は、ドラッグストアなどで手軽に入手可能なためです。

育毛シャンプーや育毛剤の使用は有効なハゲの予防法ですが、症状が深刻な方は、発毛剤やAGA治療薬の使用も検討してください。

ハゲはじめて悲しかったことは?2chの意見まとめ

ハゲはじめ悲しい

美容室でカット注文の際、頭頂部の方をもう少しカットして下さいって言ったら引きつった表情で「本当にいいんですか?」って2回言われたけど、遠回しでハゲって言われてるように感じた。

その後スマホで頭頂部撮影したらマジでハゲててめちゃくちゃショックだった。

引用元:https://www.2ch.sc/

みなさん散髪は自分でやりますか? 店ですか?

普段隠してるから店に行くのはとても勇気が要る…

引用元:https://www.2ch.sc/

ハゲそうとか思われたくない

プライドが勝ってセルフカットの達人になってるわw

引用元:https://www.2ch.sc/

ハゲはじめて悲しかったことは2chにいろいろ投稿されていますが、美容室や床屋で散髪する時に勇気がいるという書き込みが多く見受けられます。他人にハゲはじめを直視されるのが恥ずかしいと感じているようです。

ハゲてもかっこいい?髪型でカバーする方法3

ハゲはじめになると他人の視線が気になりますが、髪型を工夫してみることでハゲが目立たなくなり、ハゲてもかっこよくなる場合があります。

もちろん、髪型を変えてもハゲが治るわけではありませんが、髪型を工夫すると人の視線をそらすことができ、ハゲに目が行きにくくなります。

ここでは、ハゲはじめで人の視線が気になる方に、髪型でハゲをカバーする方法を3つ紹介します。この方法を参考にして、自分に合った髪型を工夫してみてください。

ハゲはじめにおすすめの髪型①思い切って生え際を見せちゃう

 生え際が後退してきた時は、思い切って生え際を見せてしまうことも、かっこ良く映る場合があります。特に、普段からスーツを着用しているビジネスマンは、生え際を見せると仕事ができる印象になります。

生え際を見せると清潔感が感じられ、前髪を垂らすよりも大人っぽくなります。営業マンの方は、清潔で信用できそうな印象になりますので、営業成績の向上につながる場合があります。

また、女性は男性が思っているほどハゲは気にしておらず、ハゲている方が男らしくてセクシーと感じる女性も多いです。

ハゲはじめにおすすめの髪型②不揃いにして毛流れを強調する

生え際のM字ハゲが気になる方は、前髪を左右非対称の不揃いにして毛流れを強調すると、視線が移動することで生え際のM字ハゲが目立ちにくくなります。

ただし、極端に左右非対称にすると清潔感が損なわれますので、全体のバランスが崩れないように注意することが必要です。生え際のM字ハゲが目立たなくなっても、全体の雰囲気が悪くなると逆効果になってしまいます。

頭頂部のハゲの場合は、このヘアスタイルにツーブロックを取り入れると、ハゲが目立たなくなります。

ハゲはじめにおすすめの髪型③ツーブロックで視線をそらす

ハゲはじめツーブロック

 ツーブロックは、サイドと襟足を刈り上げて頭頂部の毛を長めにするヘアスタイルですが、頭頂部がハゲている方はツーブロックの髪型にすると、頭頂部のハゲへの視線をそらすことで、ハゲが目立ちにくくなります。

生え際が後退している方もツーブロックにして、毛流れに視線を誘導させることで、生え際の後退が目立たなくなります。

ツーブロックの髪型にすると清潔感に溢れる印象になるので、好感度のアップにもつながります。

ハゲ対策はハゲはじめが肝心!しっかり対策して若見えを狙おう

ハゲ対策はハゲはじめが肝心です。ハゲはじめの段階で有効な対策を講じることで、本格的なハゲになるのを防げます。

ハゲはじめの対策には、育毛剤や育毛シャンプーを使って、頭皮環境を改善することが有効です。ハゲの症状がひどい場合は、発毛剤やAGA治療薬の使用も検討するようにします。

ストレスはハゲの大敵ですので、質の高い睡眠を取ってストレスを溜めないように注意し、脂肪分が多い食事を控えるなど、食生活を改善することもハゲ対策になります。