薬剤師として大阪で転職したいあなたに必要な情報まとめ

薬剤師として大阪で転職したいあなたに必要な情報まとめ

大阪で転職活動を始めたいと思っているが、何をすれば良いのかいまいちわからない。このような悩みをお持ちではないでしょうか。

初めての転職活動では不安も大きいですよね。薬剤師の転職で失敗しないためには、事前の準備や情報収集は非常に重要です。

誤った方法で転職活動を行ってしまうと、当初の想定とはまったく異なる職場で働くことになってしまいかねません。

そこで、この記事では大阪で薬剤師として転職することを考えているあなたに、今必要な情報をまとめました。ぜひご自分の転職活動時のご参考にしてください。

薬剤師が大阪で転職する際に抑えておきたい2つの情報

この章では、薬剤師が大阪で転職活動を行う際に抑えておきたい情報を紹介します。大阪は関東とはまた違った傾向があるため、事前にしっかりとその傾向を把握しておきましょう。

大阪で働く薬剤師の平均年収

平成29年日本の薬剤師全体の平均年収は514.9万円です。日本の平均年収が416万円ですので、平均から見ると薬剤師は比較的高収入な職業ということになります。

一方、大阪の薬剤師の平均年収は477.8万円となっており、日本の平均年収よりは高めですが、薬剤師の平均年収から見れば低いという結果となっています。

大阪の薬剤師の年収が低い理由

大阪の薬剤師の年収が低い理由について、大きく分けて3つの理由があります。

理由1:大阪は薬剤師の人数が多いため

大阪の薬剤師の年収が低い1つ目の理由は、大阪の薬剤師の数が多いからです。大阪は人口が47都道府県中第3位の大都市です。

それに対し、医療機関で働く薬剤師の人数も大阪が全国第3位という結果となっています。一見すると、人口が多いため多くの薬剤師が必要であり、むしろ足りないように思えるかも知れません。

しかし、大阪には薬学部を保有する以下の5つの大学が存在しています。

・大阪大学
・大阪薬科大学
・摂南大学
・近畿大学
・大阪大谷大学

これらの大学から毎年多くの薬剤師が多く輩出することで大阪は薬剤師の確保を継続的に行えます。そのため、大阪は特に薬剤師が多い地域なのです。

理由2:大阪は薬剤師が働ける場所が多いため

大阪の薬剤師の年収が低い2つ目の理由は、大阪には薬剤師の勤務場所が多く存在しているからです。病院や調剤薬局、ドラッグストアなど薬剤師が働ける場所は大阪には多くあります。

しかし、先程述べたように薬剤師自体の人数も多いため、特に都市部など人気の職場では競争が激しくなり、都市部になるに連れて給与が低くなる傾向があります。

逆に、地方になると高齢者に対する医療への需要があるため、給与は高くなります。そのため、高収入の求人を狙う場合は都心だけでなく地方の求人にも目を向けてみると良いでしょう。

理由3:大阪の金銭感覚が異なるため

大阪の薬剤師の年収が低い3つ目の理由は、大阪の金銭感覚によるものです。関西圏の独特の金銭感覚により、大阪では値引きの交渉というのはなかなか通りづらいです。

自分自身で交渉を行う場合もそうですが、後述する薬剤師向けの転職エージェントのキャリアコンサルタントであっても、良い条件で交渉を締結させることが難しい現状があるようです。

大阪の薬剤師求人の傾向と対策

次に、大阪の薬剤師求人の傾向と対策についてご説明します。薬剤師は専門知識とスキルが必要とされるため、需要が大きく売り手市場の状態が長年続いてきました。

その要因としては、ドラッグストアや薬局が様々な顧客ニーズに対応するため、長時間営業や24時間営業のところが増えてきていること。

そして、国家資格合格率の不信が続いていることから薬剤師不足が深刻化していることが挙げられます。

その様な背景もあり、長時間勤務が可能な薬剤師の需要はますます高まっています。2016年に薬剤師指導料が改定されたのをご存知でしょうか。

この改定の結果、3年以上の調剤実務の経験を持ち、研修認定薬剤師として登録された「かかりつけ薬剤師」が、薬剤師を必要としている企業や病院・薬局から注目されています。

実際には、同じ保険薬局に32時間以上勤務を6ヶ月以上続けていることも「かかりつけ薬剤師」の条件のひとつなのですが、高スキルを有した優秀な薬剤師を雇いたいと考える薬局や企業が多く存在していることが伺えます。

そのため、積極的にスキル獲得への意思をアピールすることが転職成功の一つの要素であると考えられています。

万が一、現在の売り手市場が逆転し買い手市場へと変化してしまうような時代が来た場合でも、優秀な薬剤師に対する需要は変わらず、より専門的なスキルや知識を保有する薬剤師が生き残れる時代になります。

そのため、現段階で大阪での薬剤師転職を考えているのであれば自身のキャリアアップにつながりやすい職場を探すことを考える必要があります。

薬剤師の転職先候補とその特徴

ひとことに薬剤師と言っても、働く場所は様々で勤務先の種類によって特徴が異なります。薬剤師が転職する際の転職先候補は以下の4つです。

・調剤薬局
・ドラッグストア
・病院
・企業(製薬会社など)

以下で、各転職先候補の詳細と主な業務を説明していきます。転職先の特性をしっかりと把握し、ご自分に合うのはどの職場・業務なのかのご参考にしてください。

調剤薬局

「薬剤師」と聞いて一番想像されるのが調剤薬局勤務の薬剤師でしょう。平均年収は550万円で需要が高く、求人数も多くあります。

調剤薬局での薬剤師の業務は大きく分けて以下の3種類です。

調剤業務

提出された処方箋にもとづく薬を調合・提供するなど、一般的な薬剤師のイメージの業務を行います。

先述のものは外来調剤といいますが、入院患者用の薬を調合する入院調剤の2種類の業務があります。

服薬指導

患者に対して、薬の飲み方・効能・注意点などを説明する業務です。患者からフィードバックをもらった場合は医師にその内容を伝えます。

薬歴管理

患者の服薬情報を記録し管理する業務です。

ドラッグストア

ドラッグストアで売っている第1類医薬品が販売できるのは薬剤師に限られているため、薬剤師がいない店舗は第1塁医薬品を販売することができません。

したがって、第1類医薬品を扱うドラッグストアには営業時間内に最低一人以上の薬剤師を常駐させる必要があります。

そのため、ドラッグストアの求人数は多いのですが、その反面平均年収は400万円で転職先候補の中で一番低い結果となっています。

ドラッグストアの場合、働き方が正社員からパート、派遣社員など様々な雇用形態を選べる点も魅力のひとつですが、ドラッグストアで勤務する場合はその業務内容にも注意が必要です。

主な業務内容は大きく分けると以下の3つです。

調剤業務のみ

ドラッグストア内にある調剤室で、調剤薬局同様にお客様に薬の飲み方や注意点を説明する仕事です。

OTC販売のみ

主にドラッグストアで扱っている医薬品の中から、お客様のニーズに従って必要な薬を提案する仕事です。

処方箋がないためお客様からしっかりと情報を聞き取り、その症状に適した医薬品をご提案しなければなりません。

また、お店の備品の管理や、レジ打ち、POPの作成などの販売業務や雑務なども併せて行う必要があります。

調剤業務+OTC販売

上述の調剤業務とOTC販売の両方を行う形態です。この形態の場合、調剤業務とOTC販売それぞれの業務を行う必要があるので業務過多になったり、残業が発生する可能性が高まります。

自分が応募する求人がどのような業務内容なのかは事前にしっかりと確認しておき、想定外の事態は可能な限り排除するようにしましょう。

病院

病院で働く薬剤師の年収は約575万円です。医師の指導の元患者さんの臨床医療に携われるため、ドラッグストアや調剤薬局に比べて患者さんの症状の把握などがしやすいです。

病院には主に急性期型病院と療養型病院の2種類があり、急性期型病院は激務の代わりに様々なスキルが身につきやすく、療養型病院の場合は残業が少ない代わりに身につけられるスキルが少ないという特徴があります。

いずれの場合でも、病院内では様々な人と連携して業務を行っていくため、高いコミュニケーションスキルが必要とされています。病院勤務薬剤師の業務内容の一部を以下で説明します。

調剤業務

調剤薬局で働く薬剤師の業務内容とほとんど変わりません。外来調剤もしくは入院調剤が主な業務です。

製造業務

病院内で使用する薬剤を独自の方法で製剤する業務です。患者に対しての安全面などに十分配慮しながら製剤を行う必要があるため、豊富な知識と技術が必要とされます。

注射調剤業務

患者に投与するための注射内の薬剤を、処方箋にもとづき調合する業務です。血管内に直接挿入されるため、扱いに特に注意が必要となります。

注射薬混合業務

注射薬を点滴と調合する業務です。注射薬には複数の疾患に対応した薬を調合することが可能なため、多くの疾患に対応をすることが可能な方法になります。

企業(製薬会社など)

求人が少なくはありますが、製薬会社などの企業に属して薬剤の開発業務などを行うことも、薬剤師としての転職先の候補の一つです。

製薬会社で薬剤師として勤務した場合の想定年収は約650万円となっており、転職先候補の中でも特に高い収入を得られる可能性が高いです。

製薬会社勤務となった場合の各職種も様々ですので、簡単にご紹介していきます。

開発職

ジェネリック医薬品などの企画開発に携われる業務です。開発業務は長いと10年ほどのスパンで行うことが一般的です。成果が出るまでは大変ですが、社会貢献度が高い職種でもあります。

学術職

社内外の関係者に対して、薬について詳しく説明を行う職種です。社内であれば、自社のMRや関係者に医薬品に対しての知識をわかりやすく説明する必要があります。

常に最新の情報を蓄積していかなければならない反面、給与面では開発職よりも高い傾向にあります。

管理薬剤師

管理薬剤師は、働く現場の薬剤師や医薬品を管理する責任者のことです。医薬品を扱う場合、薬事法で管理薬剤師を配置しなければならないという決まりがあります。

一般薬剤師より業務量が多く責任も大きいため、だいたい3年以上の経験年数が求められる場合が多く、その分給与は一般薬剤師よりは多い傾向です。

品質管理の薬剤師

医薬品が定められた基準を達成しているかの調査を行う仕事です。豊富な薬学の知識が必要なため、多くの知見が身につけやすいです。

企業内診療所の薬剤師

企業内に設置されている診療所内で薬剤師として働きます。その企業の従業員の方が利用しますので比較的軽い症状の方が訪れることが多く、激務になりづらいというメリットがあります。

ただし、企業内に診療所を設置していない企業も多いため求人数は非常に少ないです。

研究職の薬剤師

まだ誰も発表していない新薬を開発するのが主な業務です。

自分自身の手で新しい薬を生み出し人々を助けることができるという、非常に社会貢献度の高い業務ではありますが、研究成果が出るまでには長い期間を要する可能性があるため、根気強さが必要になります。

求人数は非常に少なく、倍率も高い傾向にあります。以上が、薬剤師の主な転職先とその業務内容です。自分に向いている職種を把握することは転職活動を成功させるために必要不可欠です。

以降では、実際に転職活動を行うに当たり注意しなければならない点やおすすめの転職活動のやり方をご紹介します。

薬剤師が転職失敗してしまう3つの理由とは

大阪で薬剤師として転職することができたとしても、転職先が自分の期待していたものと違っていたら、これほど残念なことはないでしょう。

そうならないためにも、以下の3点を確認しておきましょう。もしも自身に当てはまる場合は、次章以降も参考にしてください。

薬剤師転職を行う目的が曖昧

転職活動を決意したということは、現在の職場に対して何らかの不満や不安を抱えてのことかと思います。

しかし、いざ転職活動をする場合に自身の目的が明確化していないと、転職できたとしても想定とは異なる職場だったり、将来的なスキルアップに対してマイナスな職場を選んでしまう可能性もあります。

そうならないために、転職活動を始める前に自分の目的はしっかり認識してから転職活動に臨みましょう。

現在の職場が忙しすぎて転職活動時間を確保できない

現在働いている勤務先を退職してから転職活動を行う場合は問題ないですが、もしも現在の職場で働きながら転職活動を行う場合、なかなか時間を確保できない可能性があります。

現職の業務と転職活動を両立しようとしている場合、あらかじめ転職活動をするための時間的余裕があるかどうか、自分の現在の状況をしっかり把握しておきましょう。

転職候補の職場見学をせず、転職先の雰囲気を把握していない

薬剤師として転職する場合、転職先には事前に必ず見学に行き、勤務先の雰囲気や人間関係を確認しておきましょう。

募集要項を見たときには魅力的に感じても、実際に働いてみたら想定とまったく異なっていたなどという状況を避けやすくなります。

これから先、長く働き続けられる転職先を見つけるためにも、事前に転職先の状況確認はしっかりと行っておきましょう。

大阪で高収入な薬剤師の転職先を見つける方法

大阪でせっかく薬剤師として働くのであれば、転職先の給料は高いほうが良いですよね。

高収入求人を見つけるための方法の一つとして、薬剤師向け転職エージェントを活用する方法があげられます。薬剤師向け転職エージェントは、通常表に出ない非公開の求人を保持しています。

そのため、自分自身で時間を割いて求人を探し出さなくても、キャリアコンサルタントがあなたの希望に合う高収入な転職先を見つけてきてくれます。

また、希望を出せばキャリアコンサルタントが転職先と給料などの条件交渉を行ってくれることもあります。

後ほど述べますが、あなたの希望条件と合致するようなオーダーメイドの求人を作成してくれるようなサービスを行っている薬剤師向け転職エージェントもありますので、積極的に活用していきましょう。

高収入以外にも!薬剤師向け転職エージェントを活用すべき理由

実際に働きながら現職の業務と転職活動とを両立することは、特に残業などで多忙な方には難しいですよね。

『薬剤師が転職失敗してしまう理由とは』でも述べましたが、忙しくて転職活動や転職先の見学時間を確保できない状態は薬剤師への転職失敗につながりやすいです。

そこで、転職活動の時間と、転職先とのミスマッチを減らすためにも薬剤師向けの転職エージェントに登録しましょう。

薬剤師向けの転職エージェントに登録すると、登録者に対して専任のキャリアコンサルタントが割り当てられます。

キャリアコンサルタントがあなたの要望をヒアリングし、豊富な案件の中から忙しいあなたの代わりにぴったりの求人を見つけてきて提案してもらえます。

薬剤師向けの転職エージェントの中には、掲載している求人の企業や店舗に実際に足を運び、入念なチェックをおこなっているところもあります。

そのため、自分が足を運んだだけではわからない残業時間など細かい部分もリサーチしている可能性がありますので、担当のキャリアコンサルタントに詳細な職場環境について聞いてみると良いでしょう。

このようなサービスを上手く活用していくことで、転職先と薬剤士とのミスマッチを極力減らすことができます。

もしあなたが少しでも早く効率的に薬剤師での転職を果たしたいのであれば、薬剤師向けの転職エージェントを上手に活用していきましょう。

薬剤師の転職で失敗しないために気をつけたい3つのポイント

ここからは、実際にあなたが大阪で薬剤師への転職を行うにあたって、失敗しないために気をつけたい以下の3つのポイントをご紹介します。

・自分の要望の優先順位を決めておく
・複数の転職エージェントに登録する
・要望はすべて転職エージェントの担当者に伝える

細かい内容については、順を追って説明していきます。転職後のミスマッチを避けるためにも、この内容をしっかりと踏まえて転職活動を行ってください。

自分の要望の優先順位を決めておく

まず、あなたが転職後に何を求めているのかを明確にしてください。多くの方が考えていいる希望条件としては、以下のようなものが考えられるかと思います。

・残業が少ない職場で働きたい
・人間関係が良い職場で働きたい
・もっと年収の高い職場で働きたい
・将来のために更にスキルアップがしたい

毎日の残業に疲れ切ってしまうことが嫌なら、残業時間が少ない求人を探す必要がありますし、将来に向けてスキルを身に着けたいと考えているのであれば、できるだけ自分の得たいスキルが身につけられる求人を探す必要があります。

あなたが転職活動に何を望んでいるかの条件を書き出し、それを重要度の高いものから並べてください。

やりたいことが曖昧なままだと、転職後の職場と自身の要望との間にミスマッチが発生しやすくなります。

複数の薬剤師向け転職エージェントに登録する

薬剤師向けの転職エージェントは、得意としている求人がエージェントによって異なります。そのため、複数の薬剤師向け転職エージェントに登録するようにしましょう。

そうすることで、より多くの選択肢から求人を選択することができ、自分の理想により近い薬剤師の求人を見つけやすくなります。

また、キャリアコンサルタントとの相性なども転職成功のためには重要なため、自分に合うキャリアコンサルトタントを見つけるためにも複数登録しておいたほうが良いです。

ほとんどのエージェントでは、登録後に電話を通じてや、実際にエージェントの会社に出向いて要望のヒアリングなどのやり取りが発生します。

複数の転職エージェントに登録し、自身の要望がしっかり伝えられる安心感のあるキャリアコンサルタントを見つけましょう。

要望はすべて転職エージェントの担当者に伝える

さきほど、ご自分の要望やその優先順位を決めた方が良いと説明しましたが、それらの要望はすべて、薬剤師向け転職エージェントであなたの担当となったキャリアコンサルタントに伝えましょう。

優先順位と合わせて伝えることで、キャリアコンサルタントとあなたとの意識の違いを埋められ、キャリアコンサルタントがあなたの目的に合った求人を見つけやすくなります。

転職エージェントによっては、面接対策や転職後のアフターフォローを行ってくれるところもあるので、ぜひ自分に合った薬剤師向け転職エージェントを発見して活用してみてください。

おすすめな薬剤師向け転職エージェントとその活用方法

ここからは、転職活動が初めての方でも安心のおすすめな薬剤師向け転職エージェントとそれらの特徴を説明していきます。

マイナビ薬剤師:ご利用者満足度5年連続1位!安心のエージェント

マイナビ薬剤師の母体は毎日新聞で大手企業の求人が多く、全国に拠点があるのが特徴です。

対面での丁寧なカウンセリングを行ってくれることに定評があり、ご利用者満足度が5年連続1位というサポート力が強みのエージェントです。非公開案件も他社と比較して多いです。

総合的にバランスの良い転職エージェントのため、初めての転職であればぜひ登録すべき薬剤師向け転職エージェントです。

ファルマスタッフ:調剤薬局求人数No.1!研修認定薬剤師が取得可能

ファルマスタッフは厚生労働省から「職業紹介優良事業者認定企業」に認定された、実績のある転職エージェントです。

母体が日本調剤のため、調剤薬局の求人数は業界最大であり、実際に勤務先まで足を運んでリサーチを行っています。

そのため、調剤薬局への転職を考えている場合は、就職後のミスマッチを極力避けるために登録しておくと安心でしょう。

また、ファルマスタッフの特筆すべき点は、eラーニングによって研修認定薬剤師が取得できるところです。

研修認定薬剤師であることは就職活動中でもアピールとして活用していけるので、こういったサービスがあることは非常に重要です。

薬キャリ:病院・薬局に強くスピーディ!雇用形態の幅広さも魅力

薬キャリは、エムスリーキャリアが運営している薬剤師向け転職エージェントです。電話でもカウンセリングが受けられるので、エージェントに出向く回数が少なくてすみます。

また、最短即日で10案件まで求人を提案してくれるスピードも魅力で、公式HPでは最短3日で転職可能と謳っています。

病院や薬局の求人が多く、求人件数は4万件以上と、他社のエージェントの平均的な求人数よりも多くの求人を扱っています。

また、正社員・パート・派遣、紹介予定派遣など、形態ごとの案件数もバランスが良いです。

正社員求人も55%と高く、年収アップとキャリアップを目指しているのであれば登録しておいて損のない薬剤師向けエージェントです。

また、キャリアコンサルタントの質が高いことも特徴の一つで、満足度は95%となっています。

ファーマキャリア:自分に合ったオーダーメイド求人を作成

ファーマキャリアの特徴は、「オーダーメイド求人」をサービスとして提供しているところです。

キャリアコンサルタントがあなたの希望する条件や状況を考慮し、そのような条件で求人がない場合は各社へ条件交渉を行うことであなたにとって好条件な求人を作ってもらえます。

あなたの希望を盛り込んだ求人のため、転職後のミスマッチを極力減らすことが可能です。

また、ファーマキャリアでは一人のキャリアコンサルタントの担当する薬剤師の人数を限定しているため、キャリアコンサルタントがじっくりとあなたに合った求人を検討してくれます。

リクナビ薬剤師:大手の運営で安心感!非公開求人の多さも魅力

非公開求人が75%という数値を誇っているのがリクナビ薬剤師です。大手の人材紹介会社であるリクルートが運営しているため、大手企業の求人や調剤薬局の求人が豊富です。

履歴書添削や面接対策などしっかりとしたサポートもあるため、初めてであっても安心して任せることが可能です。

ファーマジョブ:病院で正社員として働きたいならこのエージェント

ファーマジョブは病院と正社員の求人が多いのが特徴です。3万件の求人のうち正社員求人率が99%という圧倒的な数値を誇っており、そのうちのなんと94%が病院求人です。

全国に対応しているので大阪で薬剤師の求人を探す場合にも安心です。また、サポート面でもキャリアコンサルタントが面接に同行して自分の魅力をしっかりと伝えてもらえるので安心です。

また、ワンルームマンションを完備しており、引っ越しを検討している方にもおすすめの転職エージェントです。

ヤクジョ:離職率1%を誇るカウンセリング

ヤクジョは紹介した転職先での離職率が1%と非常に低いことが特徴です。それだけ、求職者のキャリアやライフスタイルを考慮し、マッチした求人を紹介していることが伺えます。

また、実際に調剤薬局まで足を運んで関係を築いてきており、非公開求人も豊富に取り揃えています。契約形態も正社員、パート、派遣、契約社員から選択可能です。

薬剤師転職ドットコム:調剤薬局で高収入を得たいならここ!

薬剤師転職ドットコムは利用者約1万人の大手の転職エージェントです。

取り扱っている求人の約80%が調剤薬局の求人となっており、調剤薬局への転職を考えている方におすすめの転職エージェントです。

また、高収入案件が全体のうち約20%のため、現職の給与に不満がある場合は年収アップを目指してみるのも良いのではないでしょうか。利用者の満足度も96%と高い値となっています。

メディプラ:ベテランキャリアコンサルタントのカウンセリング

メディプラは5万人以上のサポート実績がある薬剤師向け転職エージェントです。5年以上のサポートをしたベテランキャリアコンサルタントが多く、病院ともしっかりと関係を築いてきています。

調剤薬局が約70%を締めており、ドラッグストアが約20%、雇用形態も正社員のほかパート、アルバイト、派遣など幅広い求人が揃っています。

CME@薬剤師転職:サポートの手厚さがありがたいエージェント

CME@薬剤師転職はCMEコンサルティングが運営しており、面接時の動向はもちろん、転職後のアフターフォローまで手厚いサポートが受けられます。

夜間や土日祝日など、本来であれば対応が難しい時間帯などであっても受け付けてもらえるため、多忙な方に向いている薬剤師向け転職エージェントです。

アプロ・ドットコム:徹底したカウンセリングに裏付けされた満足度

アプロ・ドットコムは求人の質と量に定評がある薬剤師向け転職エージェントです。

特に調剤薬局の求人に強く、求人数はファルマスタッフに次いで第2位のため、調剤薬局への転職を考えている場合はこちらも登録しておきましょう。

まとめ:大阪で薬剤師転職する場合はエージェントを上手に活用することが重要

ここまで、大阪で薬剤師に転職する場合に必要となる知識と注意点、おすすめの方法などをご紹介してきました。

大阪は薬剤師の数が多く、競争が激しいですがエージェントをうまく活用していくことで、自分自身の希望により近い転職先を効率的に見つけることが可能です。

まずは薬剤師向け転職エージェントに登録し、どんな求人があるのかを確認しておくと転職活動へのモチベーションを上げることができるのではないでしょうか。

自分の理想の職場を見つける上で、ぜひ薬剤師向け転職エージェントを活用してみてください。

コメントを残す

Close Menu