頭皮がポロポロ剥がれる原因は?今日からできる6つの対策も解説

頭皮からフケっぽいものや白い塊などがポロポロと出てくる症状に困っていまんか。頭皮がポロポロ剥がれるのは、頭皮環境になんらかの異常があるサインです。

何もせず放置してはいけません。頭皮環境や症状がが悪化して抜け毛や薄毛につながる可能性があります。

そこで、ここでは頭皮がポロポロと剥がれる原因や、今すぐできる対策について詳しく解説します。最後まで読んで、できることから実践しましょう。

頭皮がポロポロ剥がれる!これの正体は何?可能性が高い4つを解説

頭皮がポロポロと剥がれる場合、まずは「ひどいフケが出ている」と考える人が多いのではないでしょうか。

実は、頭皮から剥がれ落ちるのはフケだけではなく、剥がれるフケにも種類があります。そこで、まずは剥がれているものの正体が何か把握しましょう。

主に4つの種類が考えられます。それぞれの特徴を紹介します。

種類①乾性フケ

かゆみを感じて頭皮を掻いたらバラパラと白い粉っぽいものが落ちてきた、ふと気がついたら肩に白い粉っぽいものがたくさん付着していたことはありませんか。

かゆみはあるものの頭皮に目立った炎症や湿疹などがなく、白くて細かくぱさぱさした白いものが落ちてくるときは、乾性フケの可能性が高いです。

乾性フケは乾いているので頭皮に留まることは少なく、ポロポロと落ちてきます。

種類②脂性フケ

頭皮がむずがゆく、掻いたらべっとりとした黄色っぽいフケがポロポロととれた、爪の先に詰まったなどのケースは脂性フケの可能性が高いです。

脂性フケは頭皮から剥がれた角質同士が余分な皮脂でくっついてできています。乾性フケと比べてサイズが大きく、皮脂の黄色っぽい色と湿り気、べとつきが特徴です。

べとつきがあるので、頭皮にくっついていたり髪と髪の間にはさまっていたりすることもよくあります。

種類③角栓

頭を掻いたらフケのようなかけらではない白い小さな塊がポロポロとれた場合は、角栓の可能性が高いです。

角栓は鼻の頭にできるイメージがありますが、頭皮にも発生します。角栓の正体は余分な皮脂が約30%、不要な角質(たんぱく質)が約70%がまざった塊です。

皮脂のみの塊であれば、お湯で頭皮を洗ったときなどに溶けて流れ出ます。ところが、角栓はたんぱく質も高い割合でまざっているために溶けず、毛穴に留まってしまうのです。

種類④脂漏性皮膚炎

地肌が炎症を起こして赤くなり、荒れてカサついた頭皮からフケ状のものが細かく剥がれてきたりかさぶたのようになったりする場合、脂漏性皮膚炎を発症している可能性が高いです。

かゆみを伴うケースとそれほどかゆくないケースがあります。頭皮以外にも鼻の周辺など皮脂の分泌量が多い場所に発生しやすいのが特徴です。

炎症やひどいフケなどのほか、抜け毛や薄毛が起こることもあります。

放置すると炎症によるカサつきやフケの量がひどくなるなど悪化する可能性が高いです。

頭皮がポロポロ剥がれる原因を種類別に解説

頭皮からポロポロと剥がれ落ちるものの正体がわかったところで、ここではそれぞれが発生する原因を見ていきましょう。

適切な対策をとるためには、原因を把握することが不可欠です。

①乾性フケの原因は

乾性フケの大きな原因は頭皮の乾燥です。

地肌を含めた人の肌は一定の周期で古い細胞が新しい細胞に変わるサイクルを繰り返しており、これをターンオーバー(新陳代謝)といいます。

ターンオーバーのリズムが正常であれば、自然に剥がれた古い角質はごく小さく目立ちません。

ところが、頭皮が極端に乾燥するとターンオーバーのリズムが崩れます。未熟な角質が塊のっま剥がれ落ち、目に見えるサイズのフケとなるのです。

頭皮の乾燥は洗髪のしすぎや洗浄力の強いシャンプーの使用などによって引き起こされます。

②脂性フケの原因は

脂性フケの大きな原因は、頭皮の過剰な皮脂です。皮脂は、適切な量であれば水分の蒸発を防いで潤いを保つ大切な役割を果たします。

ところが、古い皮脂が肌に残っていると、酸化してほこりや汚れを吸着し剥がれた角質とまざりあって大きなサイズの塊をつくります。これが脂性フケです。

頭皮の皮脂過剰な状態は、洗髪不足やシャンプー、トリートメントなどのすすぎ残しによって引き起こされます。睡眠不足や過度のストレスなども過剰分泌を促す要因です。

乾燥がひどいときも、危機感を覚えた肌が潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌することがあります。

③角栓の原因は

角栓の主な原因は、頭皮の余分な皮脂と取り除けていない古い角質が混ざりあうことです。皮脂と角質がくっついて塊になり、角栓ができます。

角栓ができやすいのは、以下のような状況です。

  • 洗髪の回数が少なかったり洗い方が悪かったりして古い皮脂や汚れが落とせていない
  • 整髪料などのすすぎ残しがあり毛穴が詰まっている

このほか、過度のストレスや睡眠不足、食生活の偏り、頭皮の乾燥などによって起こる皮脂の過剰分泌も原因です。

④脂漏性皮膚炎の原因は

脂漏性皮膚炎の発症には、マラセチアと呼ばれる真菌の繁殖が深く関わっていると考えられています。

マラセチアは常在菌の1つで、普段は害を与える心配はありませんが、何らかの理由で頭皮の皮脂が過剰な状態になると、それらをエサにマラセチアが急激に繁殖するのです。

菌の増殖自体も地肌に良くないうえ、増えたマラセチアが皮脂中を分解して生成する遊離脂肪酸も皮膚に刺激を与えます。炎症が起こり、フケが大量に出るようになります。

頭皮がポロポロ剥がれるときに取るべき対策6つ

頭皮からフケや角栓などがポロポロ剥がれる状況は、地肌の状態が正常でないことを意味します。放置していると悪化する可能性も高く、抜け毛や薄毛にも繋がりかねません。

改善するためには、頭皮を正常な状態に戻す対策が必要です。ここでは今すぐ取れる6つの対策を解説します。

共通の対策①シャンプーを見直し正しく洗う

まずは使用しているシャンプーを見直しましょう。洗髪は地肌の清潔な状態を保つために不可欠ではあるものの、あまりに洗浄力が強いシャンプーを使うのは良くありません。

洗浄力が強すぎると肌の潤いを守るために必要な皮脂や、天然の保湿因子まで落としてしまい、地肌の乾燥を招くからです。

乾燥しすぎると今度は皮脂の過剰分泌も起こります。洗浄力がマイルドで、汚れのみ落として必要な皮脂や潤いは残すシャンプーを使うことが大切です。

洗髪の際は、フケなどの頭皮からポロポロ落ちるものが気になるからといって、ごしごし洗ってはいけません。地肌にダメージを与え、症状を悪化させる恐れがあります。

シャンプーは手に取ってよく泡立て、泡で包み込むように頭皮を洗いましょう。

男性におすすめシャンプー①:グロウスプロジェクトアロマシャンプー

毎日洗っているのに頭皮がかゆい、べとついたフケがポロポロ落ちてくるなどの症状に悩む男性には、グロウスプロジェクトアロマシャンプーがおすすめです。

7種類の洗浄成分配合で、余分な皮脂や汚れを落としつつ潤いは残します。肌と同じ弱酸性で刺激が少なく優しく洗いあげることが可能です。

グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分がフケを抑え、パンテノールやヒアルロン酸などが潤いをもたらし、乱れがちな頭皮の状態を整えてくれるでしょう。

泡立ちが良いので、使用感も良好です。

らくトク便なら、通常2,980円(税込)のところ特別価格の2,780円(税込)で購入できます。1本で2カ月持つ点も魅力的なポイントです。

男性におすすめシャンプー②:SIMFORT

SIMFORT

洗い上がりの爽快感を求める男性にはSIMFORTがおすすめです。高濃度の炭酸泡が頭皮を心地よく刺激し、毛穴に吸着して汚れ落ちをサポートすることで爽やかに洗いあげます

洗浄成分はマイルドなアミノ酸系で、頭皮への負担は少なめです。合成香料や着色料など、肌に刺激を与える可能性のある成分は配合されていません。

頭皮に優しいため、フケなどがポロポロ剥がれる症状にお悩みの男性も安心して使えます。

通常価格8,778円(税込)のところ、スカルプケア定期コースを申し込むと初回に限り1,980円(税込)で購入可能です。2回目以降は2本のお届けで通常価格の32%オフで購入できます。

万が一肌に合わなかったときは、初回に限り返金対応しています。

女性におすすめシャンプー①:サボンモーヴ

サボンモーヴ

シャンプーはほぼ毎日使うものです。頭皮や髪に優しいだけでなく、おしゃれなものが良いと考える女性は多いでしょう。そのような方にはサボンモーヴがおすすめです。

サボンモーヴはフランスの化粧品業界で高く評価され、大賞を受賞した実績もあるスカルプケアソープです。

濃密な泡が頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂を吸着して落とし、アルガンオイルなどの成分が肌に潤いをもたらします

サボンモーヴで洗ったあとは、頭皮に美容液のカンテサンスを使うと良いでしょう。頭皮を良好な状態に整えるサポートをするため、ポロポロ落ちるフケや角栓の対策として有効です。

はじめての石鹸チャレンジセットなら、サボンモーヴとカンテサンスのセットが2960円(税込)で購入できます。

女性におすすめシャンプー②:VALANROSEクリームシャンプー

VALANROSEクリームシャンプー

頭皮が乾燥がちでフケがポロポロと落ちるのが気になる女性には、刺激が少なくトリートメントのように潤いをもたらすVALANROSEクリームシャンプーがおすすめです。

ラウレス硫酸Naなどの洗浄力の強い成分や、着色料などの肌に刺激を与えやすい成分は入っていません。

7種のオーガニックエキスや5種のオーガニックオイルが頭皮や髪の悩みにアプローチします。

もったりとしたクリームが頭皮と髪を包み込み、余分な汚れは落としながら潤いは奪いません。シャワーで流すとするりと落ちるので使用感も良好です。

うる艶美髪実感コースなら、通常価格2728円(税込)のところ1320円(税込)で購入できます。

共通の対策②ドライヤーで乾かす(自然乾燥にしない)

洗髪したあとはドライヤーでよく乾かすことも重要です。放置して自然乾燥させてはいけません。

どれだけ丁寧にシャンプーしても、地肌にいる雑菌を完全に落とすことはできません。頭皮が湿った状態が長く続くと、雑菌が増殖する可能性が高くなります。

雑菌の繁殖は脂漏性皮膚炎などの原因となるほか、ニオイやかゆみを引き起こす可能性もあります。そのため、ドライヤーを使って短期間で乾かすことが望ましいのです。

タオルドライして十分に水気をふきとってから、熱ダメージを避けるためにドライヤーを髪から20cm程度離して温風をあてるようにしましょう。

1カ所にあて続けず、小刻みに動かす必要もあります。

以下に、実際にドライヤーを使って乾かすことで改善した人の口コミを紹介します。

おすすめドライヤー:【Re:beau】60ローケア・イオンドライヤー

洗ったあとの髪はドライヤーですぐに乾かすことが大切です。とはいえ、適当に乾かすと髪や頭皮が熱ダメージを受ける恐れがあります。

そのような心配がなく、フケがポロポロ落ちたり角栓ができたりする頭皮にも安心して使えるのがRe:beauの60ローケア・イオンドライヤーです。

60℃の温風が均等に分散されて出るためすぐに乾き、さらに高濃度のマイナスイオンが髪や頭皮を労わります。

折りたたんでコンパクトに収まり、軽く扱いやすいので乾かしているとき負担にならないの点もおすすめポイントです。

通常価格22,000円(税込)のところ、今なら特別価格の16,500円で購入できます。さらに、購入者にステンレスのヘアコームと高級新型生地タオルのプレゼントも実施中でお得です。

分割払いも可能なため、この機会にぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

共通の対策③食生活を見直す

頭皮の状態を整えるためには、食べているものを見直すことも大切です。各種の栄養をバランスよく摂ることを心がけましょう。

脂っこいものや甘いものを食べ過ぎないことも大切です。皮脂の分泌量が増え、頭皮環境を悪化させる恐れがあります。

細胞の修復や再生に必要なたんぱく質や、新陳代謝の促進に作用するビタミン類を積極的にとることも欠かせません。

頭皮のポロポロの原因が乾燥の人はビタミンAやビタミンEを、過剰な皮脂が原因のときはビタミンB2やビタミンB6がおすすめです。

ビタミンの種類効果多く含まれる食材
ビタミンA新陳代謝促進緑黄色野菜、レバー、ウナギなど
ビタミンE抗酸化作用、血行促進作用アーモンド、バター、玄米など
ビタミンB2皮膚や粘膜などの細胞再生
過酸化脂質を分解
豚レバー、干しシイタケ、納豆など
ビタミンB6皮膚や粘膜の健康維持マグロ、カツオ、にんにくなど

共通の対策④生活習慣を整える

起床や就寝などの生活リズムを一定にし、なるべく睡眠時間を確保することも大切です。睡眠不足が続くと肌の調子が悪くなることは、誰しも経験があるのではないでしょうか。

睡眠不足は、顔の肌だけでなく地肌の不調も招きます。

不調が起きる理由の1つが、睡眠中に分泌する成長ホルモンの量が足らず、肌の生まれ変わりであるターンオーバーのリズムが乱れることです。

自律神経のバランスが崩れることも、不調を招く原因の1つです。

自律神経は意思とは関係なく働く神経で、交感神経と副交感神経がそれぞれ切り替わりながら身体の活動と休息を司っています。

睡眠不足が続くと交感神経が優位な状態となり、筋肉が休まらずに凝って血行不良に陥ったり、男性ホルモンの分泌量が増えて皮脂量の増加につながったりするのです。

頭皮の乾燥がひどいときの対策:オイルやローションで保湿ケア

乾燥が原因で頭皮のポロポロが起こっている人は、上で述べた共通の対策に加えてオイルやローションなどの保湿剤によるケアも行うと良いでしょう。

顔に化粧水やクリームを塗って潤いを保つように、頭皮も保湿ケアをすることで乾燥を緩和できます。

使うのは、頭皮専用のローションやオイルが望ましいでしょう。アルガンオイルやつばきオイルなどの美容オイルもおすすめです。

保湿ケアは、洗髪して頭皮を清潔にしてから行いましょう。水気はタオルドライして取り除いておきます。

少量を手に取って、髪をかきわけながら頭皮に直接つけましょう。量が多いとべたつくため、必ず少量にし、なくなったら少しづつ足すのがコツです。

塗布した後は、指の腹を使って全体を揉みほぐすと浸透が促されます。

以下に、実際にオイルケアをして乾燥が良くなった人の声を紹介します。

ひどいフケや脂漏性湿疹の対策:病院を受診する

フケが多く何をしても治まらないときは、皮膚科を受診しましょう。

フケで病院に行くのは抵抗がある人もいるでしょう。ただ、頭皮の症状を放置すると悪化していき、治りが遅くなる恐れがあります。一般に早めに治療するほど治りも早くなるものです。

受診すれば頭皮からポロポロ剥がれ落ちるものの正体を正確につきとめることができ、適切な治療を受けられます。

脂漏性皮膚炎の場合、マラセチア菌の繁殖を抑えなければなりません。ステロイド外用薬で炎症を抑えつつ抗真菌薬で治すのが一般的で、ビタミン剤が処方されることもあります。

病院で治療を受けるだけでなく、上で述べた共通の対策も意識して実践しましょう。

頭皮のポロポロに関するよくある質問

ここまで、フケや角栓など頭皮からポロポロ落ちるものに関して、正体や原因、対策など基本的な事柄を説明しました。

ここでは、頭皮のポロポロに関するよくある質問に詳しく解説します。

質問①完全に頭からフケをなくす方法はある?

フケが髪や肩についていると清潔感がなく、周囲の目も気になります。完全になくせるならそうしたい人も多いのではないでしょうか。

フケは誰の頭皮からも日々生まれています。完全になくすことはできません。

フケは身体でいう垢と同じで、ターンオーバーによって地肌の表面に新しい細胞が押し上げられたときに剥がれた古い角質細胞です。

健康な頭皮でターンオーバーが正常であれば、フケが目につくことはほとんどありません。目立つほどフケがでる場合は、頭皮環境を整えることが不可欠です。

先に説明した対策を実践し、頭皮の状態を良好にしましょう。

質問②脂漏性皮膚炎以外に頭皮がポロポロ剥ける病気はある?

脂漏性皮膚炎以外にも、頭皮がポロポロ剥ける疾患はあります。主なものは以下の通りです。

疾患名特徴
尋常性乾癬頭皮やひじ、ひざなどの皮膚の一部が円形や楕円形に赤く盛り上がってかさつき、銀白色のフケのようなものがポロポロ剥がれ落ちる。
アトピー性皮膚炎肌のバリア機能が低下した状態でほこりやダニなどのアレルゲンに接触することで起こる。かゆみを伴う湿疹が起き、頭皮にでるとフケができやすい。
頭部白癬真菌の1つ皮膚糸状菌によって起こる感染症で、ふけのほかうろこ状の斑や脱毛が見られる。

いずれも病院で適切な治療を受けることが望ましいです。

質問③頭皮湿疹やかさぶたができたら必ず受診すべき?

頭皮に湿疹やかさぶたができる原因はさまざまです。

たとえば、汗による蒸れやカラーリング剤でかぶれたり、疲労やストレスが引き金となって頭皮環境が悪化してできたりすることもあります。

湿疹がジュクジュクしているなど症状がひどい、フケがべっとり固まってかさぶたになっているなどのケースでは、皮膚科を受診したほうが良いでしょう。

適切な治療を受けることで早く確実な改善が見込めます。

治療と同時に、頭皮を清潔に保つことが大切です。刺激の少ないシャンプーで優しく洗い、洗髪後は十分に乾かしましょう。生活習慣を整えることも重要です。

まとめ:頭皮のポロポロは適切な対策で改善を目指そう

頭皮から何かがポロポロ落ちたり取れたりするのは、地肌の状態が良くないことが多いです。

ひどく乾燥している、皮脂が過剰な状態である、老廃物と皮脂により角栓ができているなどの可能性が考えられます。常在菌が繁殖して皮膚炎を起こしていることもあるでしょう。

まずは、頭皮の状態を整えることが大切です。シャンプーは洗浄力がほどよく刺激の少ないものを選び、洗髪したあとは自然乾燥せずドライヤーで乾かしましょう。

乾燥が気になるなら、オイルなどで保湿するのも有効です。睡眠を十分にとるなど生活習慣を整えることも心がけましょう。

フケの量があまりに多いなど、症状がひどいときは受診して治療を受けることも必要です。適切な対策をとり、健康な頭皮を目指しましょう。